■航続距離はWLTPでの欧州参考値で426km

メルセデス・ベンツに「EQC」に続き、ピュアEV(バッテリーEV)の「EQA」が加わります。メルセデス・ベンツの現行SUVで最もコンパクトになるGLAをベースとしたEQAは、価格的にもボディサイズの面からもユーザーの裾野がより広がるのは間違いありません。

メルセデス・ベンツ EQA
メルセデス・ベンツ「EQA 250 Edition1」のエクステリア

まず登場するのは「EQA」の発表記念特別仕様車である「EQA 250 Edition1」。「EQA特設サイト」から全国の販売店を通じて2021年4月2日からオーダーを受付。50台限定で、記念モデルにふさわしい充実装備が特徴です。

気になる航続距離はWLTPでの欧州参考値で426km。価格は790万円です。エクステリアは、スポーティでスタイリッシュなAMGエクステリアをまとい、「ポーラーホワイト」のボディカラーをベースに、ハイグロスブラックのアクセントの入ったフロントスポイラーリップ、サイドスカート、ドアミラーハウジング、ルーフレールが用意され、引き締まった印象を付加。

メルセデス・ベンツEQA
「EQA 250 Edition1」の専用アルミホイール

足元には、空力面も配慮された繊細なデザインの20インチ「AMGマルチスポークアルミホイール」を備え、「Edition1」専用に「ローズゴールド」にペイントされています。このアルミホイールにより、全体的にクールな印象のエクステリアのコンセプトを崩すことなく温かみを与えています。

また、Aピラーの下端部には「Edition1」の専用バッジを装備。インテリアでは、「Edition1」専用の「ナバグレー/サイバーカットブルー」のレザーシートが備わります。さらに、ドアパネル中央部にも「ナバグレーレザー」が使われていて、クールなムードを醸し出しています。

メルセデス・ベンツEQA
「EQA 250 Edition1」のインテリア

シルバークロームのエアアウトレットの内部のリングやフロアマットのエッジにもブルーのアクセントを用意。機能面や装備も充実していて、アジャスタブルダンピングシステム付スポーツサスペンションをはじめ、「パノラミックスライディングルーフ」「MBUX ARナビゲーション」などが標準装備され、EVらしいスムーズでスポーティな走りと快適なドライブを提供するそうです。

メルセデス・ベンツEQA
「EQA 250 Edition1」のフロントシート

「EQA 250 Edition1」の先行注文は、下記WEBサイト(下部)の申し込みフォームから申込可能。また、「メルセデスミー東京(六本木)」「メルセデスミー大阪」でのEQA試乗(試乗車が用意され次第、案内)において後日、 優先的に予約申し込みをすることができる応募フォームも公開(優先試乗枠には限りがあります)。

さらに、4月末予定の「EQA」発表までの間、公式LINEアカウントやメールニュースで、様々な情報が配信される予定です。

メルセデス・ベンツ EQA
メルセデス・ベンツ「EQA 250 Edition1」の充電イメージ

(塚田勝弘)