■「CLS」とともに第一世代後に段階的に廃止、今後はEQに力

メルセデス・ベンツの4ドア最強シリーズとなるAMG「GT4ドア」に関して、新たに設定される「73e」が注目されていますが、その下に位置する「GT 63S」改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG GT4ドア_004
メルセデス AMG GT4ドア GT63S 改良型プロトタイプ

AMG GT4ドアは2019年に発表したばかりの欧州Eセグメント4ドアクーペです。これが初の改良型となりますが、多くの点で似ている「CLS」とともに第一世代後に段階的に廃止し、今後はエレクトリックの「EQ」部門の開発に力を注いでいくとも噂されています。

メルセデス AMG GT4ドア_007
メルセデス AMG GT4ドア GT63S 改良型プロトタイプ

メルセデス・ベンツのテストセンター近くで捉えたプロトタイプは、カモフラージュが薄くフロントバンパーには2つの外側のエアベントに垂直フィンを装備、センターのエアインテークには力強い3本のスラットが確認できます。

サイドとリアは現行型から変化が見られないようですが、おそらく今後着手されるはずです。

キャビン内では、SクラスやCクラス新型のようなレイアウトが採用される可能性が低いものの、古いCOMANDシステムから最新のMBUXインフォテインメントソフトウェアに置き換えられるほか、ヘッドアップディスプレイシステムの最新バージョンを搭載すると思われます。

パワートレインでは、最高出力640ps・最大トルク900Nmを発揮する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンがキャリオーバーされると予想されますが、マイルドハイブリットが新たに追加される可能性もありそうです。

エントリーモデルの「GT 53」ではV型6気筒と組み合わされるほか、最強モデル「GT 73e」では、最高出力805psを叩き出すと期待されています。

(APOLLO)