■見た目以上にそれぞれのモデルが走りのフィーリングで差別化を図る

86外観01
GR 86のフロントスタイル。
86外観02
GR 86のリアスタイル。

2021年4月5日、FRピュアスポーツカーのGR 86とスバルBRZの日本仕様車が発表されました。発売はスバルBRZが2021年夏頃、そしてGR 86は2021年秋頃と異なっています。

先代モデルでは同日発表でしたが、新型は発表日だけでなく、シャシー、エンジン、パワーステアリング制御などがそれぞれオリジナルのセッティングとなるようで、違いを鮮明とするようです。

ここでは、GR 86とスバルBRZの共通点と異なる点を紹介しましょう。

BRZ外観02
BRZのフロントスタイル。
BRZ外観03
BRZのリアスタイル。

まずは共通な部分です。新型GR 86/スバルBRZのボディサイズは、全長4265mm×全幅1775mm×全高1310mmで、先代と比べて全幅は変更なしですが、全長が+25mm、全高が-10mmとなり、ワイド&ローのフォルムとなっています。

また、外観デザインではサイドスタイルやリアビューは共通です。そしてインテリアは、シンプルな水平基調のインストルメントパネルや、低く設置したメーターバイザーによって広い視界を確保。ドライバーが集中してクルマと対話しながら運転できる室内空間を提供していることも同じです。

86内装02
コクピットには液晶パネルを採用したインテリア。
86内装03
ホールド性抜群のフロントシート。

またメーターパネルには、7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用。必要な情報をわかりやすく表示し、あらゆる状況下でも直感的に情報を把握できるようになっています。そしてシートには高いホールド性とフィット感をもたらすスポーツシートを装備。疲れにくく、運転に集中できる環境作りがなされているのも共通です。

86内装01
2.4L水平対向4気筒エンジンを搭載。
86内装04
リアシートは荷物置き場と割り切りたい広さ。

搭載するエンジンは1種類。2.4L水平対向4気筒DOHCエンジンは、最高出力は235ps(+28ps)、最大トルク250Nm(+38Nm)と、従来型の2Lエンジンよりパワーアップ。徹底した吸排気性能の強化とフリクション低減を実現し、優れたレスポンスと滑らかに高回転まで吹け上がる極上のフィーリングと力強い加速感を両立しています。

86内装05
6速MTのシフトノブ。
86内装06
スポーツ走行時にVDCをカットするスイッチが設定されている。

組み合わされるミッションも共通で、6速MTとスポーツモードの制御が進化した6速ATを用意。6速AT車はクルマがスポーツ走行中と判断した際には、ドライバーの意思や操作に応じて、最適なシフト操作を自動的に行い、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能としています。

BRZ内装01
6速ATのシフトノブ。
BRZ内装02
スポーツモードに加えて、スノーモードも設定されている。
BRZ内装03
パドルシフトを設置し、ハンドルから手を離さなくてもシフトチェンジが可能。

さらに6速AT車にはスバルの運転支援システム「アイサイト」を採用。通常走行時における安全サポートから衝突回避支援や衝突被害の軽減に貢献する総合的な安全技術を搭載しています。

●外装での違いは主にフロントまわり

フロントグリル開口部形状が明らかに違う
フロントグリル開口部形状が明らかに違う
86外観05
GR モデル共通のデイライトのデザインを採用。
BRZ外観06
ヘッドライトガーニッシュのデザインが異なる。

続いては、GR 86とスバルBRZの異なるポイントを紹介しましょう。まず外観デザインからです。

フロントマスクですが、GR 86はGRブランド共通の「FUNCTIONAL MATRIX GRILL」を採用し、機能性とエモーショナルさを表現しています。一方のスバルBRZはより低く、よりワイドに設置されたヘキサゴングリルが低重心を強調しています。さらにBRZのヘッドライト側面にはBRZと刻印されています。

86外観03
GR 86に装着されるアルミホイールはマットブラック塗装となる。
BRZ外観04
マットダークグレーメタリック塗装されたBRZのアルミホイール。

装着されるアルミホイールはGR 86がマットブラック塗装、BRZはマットダークグレーメタリック塗装となります。リアに張られるエンブレムもGR 86はトヨタエンブレム+GR 86エンブレム。対して、BRZは六連星エンブレム+BRZエンブレムを装着。


86外観06
GR 86のドアミラーはクロスブラックに塗られる。
BRZ外観07
BRZのドアミラーはボディと同色。

そしてドアミラーカバーはGR 86はクロスブラック、BRZはボディカラー同色と異なります。リヤ・リヤサイドのプライバシーガラスはBRZにのみ採用されています。

86内装08
GR 86のオープニングアニメーション。
BRZ内装05
BRZのオープニングアニメーション。

インテリアでは、ステアリングホイールのエンブレムの違いをはじめ、液晶メーターのオープニングとエンディングの演出が異なります。また、ドアトリム、フロアカーペットの色がGR 86内装色に合わせて、ブラックとレッドの2色を用意しているのに対して、BRZはブラックのみ。内装のステッチ色もGR 86はシルバーとレッドの2種類を設定しているに対して、BRZはレッドのみと異なります。

86内装07
GR 86のスイッチ類の先端はブラック加飾となり、インナドアハンドルもブラックに塗装されている。
BRZ内装04
BRZはスイッチの先端にシルバー加飾が施され、インナードアハンドルもメッキ処理される。

ドアミラーの調整スイッチやパワーウインドウスイッチの先端加飾そしてインナードアハンドルの色はGR 86はブラックとなっていますが、BRZはシルバーのメッキパーツを採用しています。そして、シートカラーは、GR 86がシルバー系とレッド系の2色を用意していますが、BRZはシート本体がシルバー。アクセント&ステッチがレッドという1種類のみとなっているのが異なるポイントです。

86外観04
GR 86のリアに張られたエンブレム。
BRZ外観05
リアに張られたエンブレム。

こうした内外装の違いに加えて、最初にも触れたようにシャシー、エンジン、パワーステアリング制御はそれぞれ異なったセッティングが施される予定となっています。

これまでよりも、その性格の違いがより明確になった新型GR 86/BRZ。たとえばトヨタで買いたいとか、スバルが好きだから、と言った理由だけでなく、それぞれの車両のキャラで選ぶことができそうです。ゆえに、購入を検討する際は、実際に両車に試乗して乗り味を試して、自分のフィーリングに合ったモデルを選ぶ必要がありそうです。

(文:萩原 文博、写真:トヨタ自動車、SUBARU)