●R34型スカイラインGT-Rをオマージュした「GT-R NISMO Special edition」を設定

GT-R NISMO2022発表会01
左から森田主管、川口CVE、田村CPSとGT-R NISMO 2022モデルのフォトセッション。

2021年4月14日、日産自動車はプレミアム・スーパースポーツカー、日産GT-R NISMO 2022年モデルを先行公開しました。正式発表は8月、発売は10月末の予定です。

公開されたGT-R NISMO 2022年モデルは、NISMO専用の新色ボディカラー「NISMO ステルスグレー」を纏っています。このグレーはサーキット路面色のグレーより青く、青空よりグレーというソリッドカラーです。ボディに青空や路面が映り込んだ時に、コントラストが際立つのが特長だといいます。

さらに、GT-R NISMO 2022年モデルは標準モデルに加えて、特別仕様車「GT-R NISMO Special edition」が設定されます。今回発表会に展示されていたのは、そのスペシャルエディションでした。

GT-R NISMO2022発表会04
GT-R NISMO 2022モデルのサイドスタイル。
GT-R NISMO2022発表会05
GT-R NISMO 2022モデルのリアスタイル。

スペシャルエディションの特長は、NISMO専用カーボン製エンジンフード(NACAダクト付)をはじめ、レッドリム加飾を施した専用レイズ製アルミ鍛造ホイールを装着。

極めつけはピストンリング、コンロッド、クランクシャフトなどには高精度重量バランスエンジン部品を採用。標準エンジンに比べ、よりスムーズかつ高い静粛性を実現しています。


GT-R NISMO2022発表会13
GT-R NISMO 2022モデルのインパネ。
GT-R NISMO2022発表会06
GT-R NISMO 2022モデルシート。
GT-R NISMO2022発表会07
GT-R NISMO 2022モデルのエンジン。バランス取りが行われ、よりスムーズに回る。
GT-R NISMO2022発表会08
スペシャルエディションは匠のネームプレートが赤文字となる。
GT-R NISMO2022発表会09
スペシャルエディションはR34GT-R VスペックII N1からインスパイアを受けた無塗装のカーボンボンネットを採用。

このスペシャルエディションに搭載されるエンジンには、手組の証としてエンジンに貼られる「匠」のネームプレートも専用の赤文字となっています。

塗装をしないカーボン製ボンネットは、スーパー耐久レース参戦車両のR34型スカイラインGT-R VスペックII N1からインスパイアされたもの。高精度のバランス取りは現在、中古市場で人気と価格が暴騰しているR34型スカイラインGT-R Nurにもあったもの。

GT-R NISMO2022発表会10
スペシャルエディションは専用の20インチアルミ鍛造ホイールを装着。
GT-R NISMO2022発表会11
2007年に登場してからGT-Rは様々な深化を行ってきたと話すCPSの田村氏。

これらのかつて大きな話題となったクルマたちも、R35GT-RのCPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)田村宏志さんが手がけたクルマだったわけです。

噂によると現行型R35GT-Rは2022年で生産が一旦終了するとも言われています。

かつてのクルマを彷彿とさせる仕様を採用し、今回公開されたGT-R NISMO 2022年モデルは最終型となってしまうのでしょうか。とても気になるところです。

(文/写真:萩原文博)