■コンパクトなパーキングエリアだけどワンちゃんへの気遣いを感じる施設

2匹のミニチュアダックスフンドと暮らすライターが足を運んで、日本全国にある高速道路のサービスエリア(SA)に併設しているドッグランを紹介します!

今回は名神高速道路、菩提寺(ぼだいじ)PA(下り)です。

菩提寺パーキングエリア02
菩提寺パーキングエリアは2014年にリニューアルされた。
菩提寺パーキングエリア03
店舗の右側にドッグランが設置されている。

名神高速道路の下り線で道路を管理する会社エリアがNEXCO中日本からNEXCO西日本に変わって、最初のドッグランのあるPAが菩提寺PA(下り)です。

菩提寺PA(下り)は、滋賀県湖南市に位置する名神高速道路にあるPAで、2014年12月に「モテナス」としてリニューアルオープンしました。

こちらのレストランでは「菩提寺カレー」が大人気。各種香辛料に、バナナやマンゴーチャツネ、ココナッツミルクも配合した、知る人ぞ知る特製ビーフカレーです!

菩提寺パーキングエリア10
ドッグラン周辺は公園のように整備されている。
菩提寺パーキングエリア04
菩提寺パーキングエリアのドッグランの全景。

また、名神高速道路初上陸の「けずりあまおう」「アイスクレープ」をはじめとするスイーツや、地元特産の近江牛を使用した「近江牛コロッケ」など贅沢なファストフードも豊富。

お目当てのドッグランは、店舗の右側、トイレを過ぎた緑地の奥、SA出口側に位置します。したがってクルマを停車させる位置は建物より出口側が便利です。

菩提寺パーキングエリア07
ドッグランは長方形で走りやすい。木陰もあるので安心。
菩提寺パーキングエリア08
地面はしっかりと刈り揃えられた緑の絨毯が広がる。

ここは全犬種共通エリアのドッグランが1ヵ所で広さ約350平方メートル。利用時間は朝8時〜夕方18時までなので、夜間は使用できないので注意しておきたいです。

ドッグランの入口付近に、細かい砂利が敷き詰められているおしっこポールと、排泄物ボックスがあります。新しめのドッグランなので、清潔感もあります。

菩提寺パーキングエリア05
ドッグランの入口付近にトイレが設置されている。
菩提寺パーキングエリア06
水飲み場はコンリートなので、脚を洗いやすい。

もちろん水飲み場も完備。普通の蛇口が1つのみですが、砂利の地面に囲まれて中央部分はコンクリートでできているので、ワンちゃんの手足を洗った後も汚れずに拭いてあげられます。

フィールドはほぼ長方形。木も植えられているので、木陰も充分にあります。地面は、青々としてきれいな天然芝生。短く裁断してあり、非常に管理が行き届いている様子です。

菩提寺パーキングエリア09
施設内にはベンチが2つ用意されている。
菩提寺パーキングエリア11
屋根付きの休憩施設があるので、ワンちゃんと一緒に休憩することも可能。

ベンチは入り口と奥に合わせて2つ。入口近くにあるベンチは、時間によっては木陰になります。

ドッグランの手前には緑地スペースがありますので、季節によってはお花も咲いていて、リードをつけてお散歩するのもよいでしょう。テーブルとベンチが置かれているあずまやもあり、ここでワンちゃんと一緒に休憩することもできます。

菩提寺PA(下り)は、サービスエリア全体が2014年にリニューアルされていることもあり、敷地内が充分に整備されていて気持ちよく過ごせます。

また“近江富士”と称される三上山を望められるのも魅力的。ワンちゃんだけでなく、飼い主さんも楽しめる自然豊かなパーキングエリアとして、ぜひおすすめしたいスポットです。

(文:高市 智子/写真:萩原 文博)