■コックピットカバーの輪郭から「iX」でデビュー予定の湾曲ディスプレイを予想

BMWの屋台骨を支える「3シリーズ」改良型のプロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

BMW 3シリーズ_004
BMW 3シリーズ 改良型プロトタイプ

第7世代となる「G20」現行モデルは2019年に発売されており、これが初の大幅改良となります。

BMW 3シリーズ_008
BMW 3シリーズ 改良型プロトタイプ

まだまだ雪が残る北ヨーロッパで捉えた開発車両は、ヘッドライト下部パネルにカモフラージュが施されている程度で、開発初期段階であることがわかります。

おそらく今後、ヘッドライトやテールライトのグラフィックが刷新されるほか、新しいホイール、カラーオプションなどを導入、バンパーデザインも新設計されるはずです。

注目は、布で隠されたコクピット。全くディテールはわかりませんが、そのカバーの輪郭から、「iX」でデビュー予定の湾曲した巨大ディスプレイが採用される可能性がありそうです。

改良された3シリーズ内部に、この革新的なダッシュボードを搭載するということは、これまでのBMWのインテリアレイアウトの終わりを意味します。iX同様にBMWオペレーティングシステム8に基づいた、最新のiDriveインフォテインメントシステムを採用すると思われます。

BMW 3シリーズ_001
BMW 3シリーズ 改良型プロトタイプ

iDrive8は、システムが音声ベース、および対話ベースに焦点を合わせているため、ドライバーと車両間の会話を用意にするよう設計された、BMWのインテリジェントパーソナルアシスタントを搭載します。また、次世代システムでは、幅広いカスタマイズ性を可能にし、各ドライバーにカスタマイズされた運転体験を提供してくれます。

3シリーズ改良型は、2021年の夏にデビューと予想する海外メディアもありますが、このプロトタイプの状態からも、来夏まで登場しないと予想されています。

(APOLLO)