■初めてEVを保有する人向けに様々な特典も用意

2021年4月20日、日本向けではメルセデス・ベンツ初のEVである「EQC 400 4MATIC」が一部改良を受けました。デリバリー開始は今年6月頃の予定です。

メルセデス・ベンツEQC
一部改良を受けたメルセデス・ベンツEQCのエクステリア

前後にモーターを配置し、最高出力408PS(300kW)・最大トルク765Nmを発生します。航続距離(WLTCモード)は400kmで、6.0kWまでの交流普通充電と、50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応。ブランド名にふさわしい質感や走り、快適性を備えています。

今回の一部改良では、今まで標準装備されていた「クライメートコントロール(前席左右・後席独立調整)」と「エナジャイジングパッケージ」を「レザーエクスクルーシブパッケージ」に、同じく標準化されていた「ステンレスランニングボード」「プライバシーガラス」「ヘッドアップディスプレイ」を「AMGライン」にそれぞれオプション化。また、ガラススライディングルーフを単独オプションに変更しています。

メルセデス・ベンツEQC
メルセデス・ベンツEQCのリヤビュー

これら装備の一部を見直し、車両本体価格を1080万円から185万円ダウンとなる895万円に値下げすることで、より拡販を狙う構えです。

同時にEQCには、初めてEVの保有を検討する顧客の不安を払拭するプログラムを用意。リース契約満了時に残価の差額清算が不要なクローズエンドリースをはじめ、ローンやクレジットカード一括払いも可能です。

また、5年間、10万kmまでの一般保証と無償のメンテナンスプログラム「EQケア」が標準設定されるほか、高電圧バッテリーは8年または16万km以内で、サービス工場の診断器により高電圧バッテリー残容量が70%に満たないと診断された場合の保証も付帯されます。全国約21,000基での充電利用料と月額基本料が1年間無料になります。さらに、6.0kW(30A)対応の交流普通充電器本体が無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するため10万円のサポートもあります。

メルセデス・ベンツEQC
テレマティクスサービス「Mercedes me connect」に対応する

加えて「EQC 400 4MATIC」には、新車購入から5年間または10万kmのいずれか早い方まで、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)、24時間ツーリングサポートが無償で提供される保証プログラム「EQケア」が適用される利点もあります。

このEQケア期間中には、希望のモデルを5回無料で使用できる週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用可能で、愛車以外のメルセデス・ベンツ車を無料で試すことができます。

(塚田 勝弘)