■デビューは9月! ハイエンドPHEVでは最高出力300psの噂

プジョーは3月18日、主力モデル・新型『308』を発表したばかりですが、その派生ワゴン「308 ステーションワゴン」の開発車両をカメラが捉えました。

プジョー308SW_007
プジョー308SW 次期型プロトタイプ

次期型では「EMP2」プラットフォームを採用、オーバーハングが比較的短いスポーティなシルエットになり、全世代308SWより少しホイールベースが延長される可能性がありそうです。

スウェーデン北部で寒冷気候テストを受けているプロトタイプは厳重にガードされていますが、308ハッチバック同様に牙のようなLEDデイタイムランニングライトの一部が見てとれます。

リアエンドもディテールは隠されていますが、やはりハッチバックに倣って、3つの爪のLEDライトシグネチャーを備える薄くワイドなテールライトを装備するはずです。

市販型では刷新されたプジョーのライオンロゴにより高級感がアップされます。

プジョー308SW_010
プジョー308SW 次期型プロトタイプ

キャビン内では、「PEUGEOT i-Connect」を初採用。10.0インチの3Dディスプレイ付きデジタルインストルメントクラスターや、同じく10.0インチセンタータッチスクリーンを搭載、安全かつ簡単な操作を約束してくれます。また8種類のカラーで高級感を演出するLEDアンビエント照明もオプション設定されるでしょう。

パワートレインは「EMP2」プラットフォームにより、最新のテクノロジーの恩恵を受けます。すべてのバリエーションはライトハイブリッド、プラグインハイブリッドなど電動化されると予想され、ハイエンドPHEVでは最高出力300psも噂されています。

308ステーションワゴン新型のワールドプレミアは、新型コロナウイルスの景況で半年遅れの9月と予想されています。プラスチック製のホイールアーチ、ルーフバー、サイドプロテクション、ハードバンパーなどSUV色が強い「アドベンチャー」(冒険者)バージョンの設定も期待できそうです。

(APOLLO)