■旧型オーナーだからこそ分かる、新レンジローバースポーツの気持ち良さとは?

●やっぱりガソリン直6、いいねぇ!

レンジローバースポーツ
新型レンジローバースポーツで雪山へ!

国際モータージャーナリストの清水和夫さんは、旧型レンジローバースポーツのオーナー。さっそく、ワクワクしながら新型とスノードライブです。

●ラグジュアリーSUVレンジローバースポーツを野猿も見に来た!?

清水和夫さん
試乗はお馴染み、SYE_X親分の国際モータージャーナリスト・清水和夫さん。

搭載されているエンジンは3Lの直6ターボ。「ディフェンダーにはディーゼルの直6、このレンジローバーにはガソリンの直6。メルセデス、BMW、ジャガーと今、直6が流行りですね」(清水)。

レンジローバースポーツのエンジン
3L 直6ターボエンジンを搭載するレンジローバースポーツ。

最近はレクサスやマツダなどのEVに試乗し「電気もちょっと良いな〜…」と思う瞬間もあるそうですが、「やっぱガソリンだよ! この粘っこい走り、気持ちイイ!」(清水)

と、試乗していると「ウワァ〜猿!」。野猿軍団もレンジローバースポーツの走りを見に来たようです(笑)。

野猿
ギャラリーは…野猿!?

レンジローバースポーツの直6がどれだけ気持ち良いか、イギリス車の中でのレンジローバースポーツの立ち位置、また2030年ガソリンエンジン廃止!?なハナシは動画で!

(試乗インプレッション:清水 和夫/動画:StartYourEnginesX/アシスト:永光 やすの)

レンジローバースポーツの主なスペック
レンジローバースポーツの主なスペック。

◼SPECIFICATIONS
車名:ランドローバー  レンジローバースポーツ HST
全長×全幅×全高:4855mm×1985mm×1800mm
ホイールベース:2920mm
トレッド(前/後):1690mm/1685mm(20インチホイール 1695mm/1690mm/19インチ 1700mm /1695mm)
車両重量:2340kg(5人乗り)/2420kg(7人乗り)
最小回転半径:6.1m
乗車定員:5名/7名
エンジン型式/種類:直列6気筒DOHCターボ
総排気量:2993cc
ボア×ストローク:83.0mm×92.2mm
最高出力:294kW(400ps)/5500〜6500rpm
最大トルク:550Nm(56.1kgm)/2000〜5000rpm
燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費  WLTCモード:8.9km/L
駆動方式:4WD
トランスミッション:電子制御8速AT
サスペンション(前/後):ダブルウイッシュボーン/マルチリンク※電子制御エアサスペンション
ブレーキ(前/後共):ベンチレーテッドディスク
車両本体価格(税込):12,640,000円〜