■グリルは巨大化されないがデザインを刷新か

BMWのコンパクトクロスオーバーSUV、「X1」次期型プロトタイプがニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。

BMW X1_003
BMW X1 次期型プロトタイプ
BMW X1_007
BMW X1 次期型プロトタイプ

X1はレクサス「UX」、メルセデスベンツ「GLA」、キャディラック「XT4」、ボルボ「XC40」アウディ「Q3」など激化する米国サブコンパクト市場において、売れ行きが伸びていないといいます。

次期型に大きな期待がかけられており、開発を急ぐ同社では、早くもニュル高速テストが開始された模様です。

BMW X1_009
BMW X1 次期型プロトタイプ

次期型では、フルEVの「iX1」(仮称)、PHEVなど電動化へ大きくシフトしていきますが、今回捉えたプロトタイプは、エレクトリックモデルを示す黄色いステッカーや、2番目のフィラードア(充電口)が見当たらず、往来の内燃ドライブ(ターボチャージャー付き直列3気筒または4気筒エンジン)を搭載しているようです。

まだまだカモフラージュは厳重ですが、4シリーズクーペような縦に伸びる巨大グリルではなく、ワイドなグリルのセットアップが見られます。これは最終的なグリルパターンではないと思われますが、デザインが刷新される可能性は高いようです。

またポップアップドアを偽装する奇妙なボディパネル、ホフマイスターキンク形状が確認できるほか、リアエンドでは現行型ほど分厚くないLEDテールライトを装備、真下のくぼんだボディ形状により強調されています。

キャビン内には、自立型のダッチスクリーンインフォテインメントユニット、デジタルインストルメンテーションタッチスクリーンなど、「2シリーズアクティブツアラー」第2世代と同様のボタンの少ない、ミニマリストインテリアを備えていると予想されます。

次期型は、EV「iX1」とともにドイツのレーゲンスブルク向上で生産され、2022年に発売される可能性が高いようです。

(APOLLO)