■上部にLEDとターンシグナル、下部にメインヘッドライトを配置か

現在、BMWのフラッグシップ・クロスオーバーSUVとして君臨している「X7」改良型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

BMW X7_004
BMW X7 次期型プロトタイプ

洗車機から姿を見せた開発車両は、未だフロントマスクを完全にガード。しかし上下二段に分離されたスプリットヘッドライトを確認することができます。

スプリットヘッドライトは近年人気が高まっており、韓国・ジェネシスやヒュンダイ、日産などでも採用されています。

X7改良型では、LEDデイタイムランニングライトとターンシグナルランプを上部に、メインヘッドライトとハイビームを下部に配置していると見られます。

BMWでは今後「7シリーズ」次期型や、新たなフラッグシップSUVとなるであろう「X8」にも採用が予想されており、M3/M4で巨大化されたキドニーグリルに続いてのデザイン革命となりそうです。

後部では、新設計されたLEDテールライト、バンパーの一部が確認できます。内部では、「iX」と「i4」のレイアウトに似た大型で湾曲したインフォテイメント、およびインストルメントクラスタディスプレイが採用されると思われます。

BMW X7_002
BMW X7 次期型プロトタイプ

パワートレインは、最高出力340psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンや、最高出力530psを発揮する4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンなどがキャリーオーバーされると予想されます。

クワッドターボディーゼルの「M50d」は近日中にラインアップから外され、プラグインハイブリッドの「M45e」にとって代わるほか、フラッグシップモデルとして「M60i」が新たに設定されると噂されています。

BMWデザイン革命となるX7改良型のデビューは2022年前半と予想されます。

(APOLLO)