■3代目シビックタイプRをベースに、限定300台で販売された無限初のコンプリートカー

2021年8月に11代目となるホンダ新型シビックが登場しました。現在のところ、1.5L直列4気筒ターボエンジンを搭載したモデルのみですが、2022年にはハイブリッド車とタイプRが登場予定となっています。

FF最速モデルの称号をルノー・メガーヌR.S.と争っているシビックタイプRですが、現行モデルは2021年7月で販売終了となっており、中古車でしか手に入れることができません。

MUGEN RR外観01
MUGEN RRのフロントスタイル。

そのシビックタイプRの中古車相場を見てみると、現行モデルのタイプR以上に高額なモデルとしてMUGEN RRが流通しています。このMUGEN RRとは一体どんなモデルなのでしょうか。

2007年6月に発表されたホンダシビックMUGEN RRは、ホンダのワークスブランドである無限が、3代目シビックタイプRをベースにエンジンおよびシャシーなどにチューニングを施した、無限初のコンプリートカーです。

2007年9月より300台限定で、ボディカラーはミラノレッドのみ、車両本体価格477万7500円で販売されました。現在MUGEN RRの中古車相場は約1000万〜約1358万円なので、倍以上も価格が上昇しています。

MUGEN RR外観05
ガーニーフラップを備えるカーボンコンポジット製の大型リアスポイラーで整流する。
MUGEN RR外観03
フロントバンパーなどにカーボン素材を採用し、軽量化を実現。

MUGEN RRの外観には、カーボンコンポジットやアルミニウムを積極的に投入し、優れた空力性能と軽量化を両立。サーキットで培った技術により、前後マイナスリフトバランスを実現しています。

MUGEN RR内装05
MUGEN RRのインテリア。
MUGEN RR内装01
レカロと共同開発したバケットシートを2脚装着。

インテリアでは、レカロと共同開発したセミバケットシートをフロントに採用。このシートは着座ポイントが公道用のノーマルとサーキット用のローという2つのポジションを選べます。

またショートストローク化されたシフトと相まってスポーツ走行時のホールド性と操作ポジションの最適化を実現しています。

MUGEN RR内装04
専用チューンを施し、パワーが向上した2Lエンジン。

搭載するエンジンは、最高出力240ps・最大トルク218Nmを発生するK20A型2L直列4気筒DOHC i-VTEC。

専用のカムプロフィールを採用するだけでなく、ラム圧をかせぐダクトレイアウトと大容量エアボックスを備えたインテークシステム、さらにレイアウト最適化を狙ったエキエキゾーストマニホールドと低背圧を達成したデュアルエキゾーストシステムを採用することで、最高出力は15ps向上しています。組み合わされるトランスミッションは6速MTのみです。

MUGEN RR内装03
ブレーキシステムはローター、パッド、ホースも交換済。
MUGEN RR外観04
車両下面と後方の空気を整流するリアアンダースポイラー一体のリアディフューザーを装着。

出力が向上したエンジンに合わせて、ブレーキも強化。ブレンボキャリパーの性能をさらに引き出す逆ベンチ構造のフロントローターやスリット構造のリアローター、スポーツブレーキパッドを採用。また、ダイレクトフィールを実現するため低膨張率のブレーキホースを装着するなど余念がありません。

MUGEN RR内装02
バネレートを向上させた専用サスにより車高は10mm下がる。
MUGEN RR外観06
4本で約10kg軽量化されたアルミホイール。

MUGEN RRは減衰力5段調整式ダンパーを採用した専用サスペンションにより、コーナリングパフォーマンスだけでなく、乗り心地など快適性の両立も果たしています。

標準装備されるタイヤはブリヂストンと共同開発した専用タイヤの「ポテンザRE070 RRスペック」。軽量・高剛性の専用鍛造18インチアルミホイールが組み合わされ足元を引き締めています。

MUGEN RR外観02
MUGEN RRの走行シーン。

このようにメニューを見ると、 MUGEN RRはシビックタイプRの性能に磨きをかけて、究極のFFスポーツパフォーマンスを獲得したモデルです。

公道だけでなく、サーキット走行でもドライビングプレジャーを提供するモデルに仕上げられています。

ガソリンエンジン車の生産終了をアナウンスしたホンダだけに、このようなハイスペックのエンジンを搭載した中古車の高騰は避けられないのでしょう。

(文:萩原 文博/写真:M-TEC)