■存在感や都会的イメージのニューカラー

ホンダは、ロングセラー原付スクーターの「タクト」と「タクト・ベーシック」のカラーバリエーションを変更し、11月25日に発売することを発表。タクトには存在感のあるシルバー、タクト・ベーシックには都会的なグレーなど全5色を採用することを明らかにしました。

●初代モデルは1980年に登場

ホンダ原付スクーターのタクトに新色
タクトの新色デジタルシルバーメタリック

タクトは、40年以上の歴史を誇るホンダの原付スクーター(第一種原動機付自転車)です。

初代モデルは1980年に登場、今では当たり前となった、フラットなステップを持つステップスルーの採用などで、高い実用性と走行性能が大きな人気を呼びました。

当時は「ジョグ」などヤマハ製の原付スクーターも大きなセールスを記録しており、「HY戦争」と呼ばれる販売競争に発展したほどでした。

ホンダ原付スクーターのタクトに新色
タクトの初代モデル

ちなみに、現在、ホンダのタクトはヤマハにOEM供給されていて、なんと「ジョグ」の名称で販売。かつてのライバルが、今では兄弟車というのも不思議なものです。

●高い燃費性能や利便性が魅力

そんなタクトは、一時期ラインアップから外れていたものの、2015年に16年ぶりの復活を果たした現行モデルが登場します。

エンジンには、扱いやすい出力特性を備え、環境性能にも優れた水冷・4ストローク・OHC・単気筒の「eSP(イーエスピー)」を搭載。最高出力は4.5ps・最大トルクは0.42kgf-mを発揮し、WMTCモード値(クラス1)で58.4km/Lという優れた燃費性能を誇ります。

ホンダ原付スクーターのタクトに新色
ホンダ・タクト

ラインアップには、アイドリングストップ機構付きのタクトと、シート高を15mm下げてより足つき性を配慮、アイドリングストップ機構を省いて価格もリーズナブルにしたタクトベーシックを設定。

いずれのグレードも、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックス、被視認性の高い大型マルチリフレクターヘッドライトやテールランプ、軽い力で掛けられるよう配慮したセンタースタンドなど、利便性を考慮した装備が魅力です。

●ベーシックの足元にはブラックも採用

新色は、まず、タクトには存在感のある「デジタルシルバーメタリック」を新たに採用し、1色のみで展開。

ホンダ原付スクーターのタクトに新色
タクト・ベーシックの新色パールディープマッドグレー

タクト・ベーシックには、精悍な「グラファイトブラック」、爽やかな「ロスホワイト」、都会的なイメージの「パールディープマッドグレー」、カジュアルな「アーベインデニムブルーメタリック」を新たに採用し、継続色の「ボルドーレッドメタリック」と合わせた全5色を設定します。

ホンダ原付スクーターのタクトに新色
タクト・ベーシックの新色グラファイトブラック

さらに、ホイールとフロントフェンダーのカラーをブラックとすることで、より落ちついた印象を持たせています。

価格(税込)は、タクトが19万2500円、タクト・ベーシックが17万9300円です。

(文:平塚 直樹)