愛知県・岐阜県を舞台に開催されたフォーラムエイト・セントラルラリー2021は、11月14日にフィニッシュし、TOYOTA GAZOO Racingの勝田範彦選手/木村裕一選手(トヨタGRヤリス)が優勝を飾りました。競技初日から首位に立った勝田選手でしたが、2番手につける新井大輝選手/小坂典嵩選手(スバルWRX STI)との差は7.7秒。その後の激戦を勝田選手が振り返りました。

■全日本戦から5連勝を達成した勝田選手

セントラルラリー2021
セントラルラリーのコースは荒れた路面や2車線のスムーズな路面まで様々。GRヤリスはそのすべてで高い性能を発揮してみせました

競技2日目は序盤、新井選手が猛攻を見せ、最初の2SSで連続ベストタイムをマーク。3本目は勝田選手が取り返しましたが、両者の差は6.8秒となりました。ここで前半の走行が終了し、クルーは豊田スタジアムに設定されたサービスパークに戻り、マシンのメンテナンスを行いました。この時点で勝田選手は、「(新井選手に)がっちり食いつかれていますね。ひとつのミスで終わってしまう」と緊迫した様子を明かしました。

セントラルラリー2021
2台のGRヤリスを走らせるTOYOTA GAZOO Racing。チームはメカニックを含めトヨタ社員で構成されており、将来に向けた人づくりという意味合いを持ちます

一方で「新井選手は柔らかめのタイヤを履いているようだったので追い付かれるかとは思っていましたが、やっぱり差を詰められてしまいましたね。でも、自分も順調に行っています。午後はクルマに変更を行うつもりはありません。タイヤの温まりが良くなるはずなので、頑張ります」と冷静に戦況を分析していました。

戦いは残すところ2SS。合計17kmのステージで勝負が決まります。勝田選手は、最初のSS11で新井選手を3.3秒引き離す会心の走りを見せると、最終ステージもさらに0.4秒差をつけるベストタイムでフィニッシュ。最終的に新井選手との差を10.9秒に広げて優勝を飾りました。

フィニッシュ後、勝田選手は、「クルマは、全日本ラリー選手権の最終戦となった久万高原ラリーから大きくは変えておらず、カラーリングを変更しています。路面のグリップが高い区間は、とても気持ちよく走ることができました。グリップが下がってしまうとクルマに小変更を行う必要がありますが、全体的に走りやすかったです」とGRヤリスの性能を称賛。

セントラルラリー2021
フィニッシュ後、満面の笑みを見せる勝田選手。息子の貴元選手は今週末(11/19〜21)のWRC最終戦モンツァに挑みます

勝田選手にとっては全日本ラリー選手権の第7戦ラリーカムイから負けなしの5連勝。今季からコンビを組み始めた木村選手やチーム、そしてファンへの感謝も述べました。
「今回、勝利を得ることができたのは僕だけの力ではありません。コ・ドライバーを務めてくれた木村裕介選手、チーム、そして応援してくれたファンの皆さんに支えてもらいました。おかげで、全日本選手権のラリーから5連勝を飾ることができました。ありがとうございます」

(クリッカー編集部)