■全長5600×全幅1930×全高1850mmの巨体で、最小回転半径は6.9m

以前お伝えしたように、ジープからピックアップトラックの「Gladiator Rubicon(グラディエーター・ルビコン)」が日本初上陸を果たしました。現在、ピックアップトラックはトヨタ・ハイラックスが正規で購入できる唯一のモデル。

ジープ グラディエーター ルビコン
ジープから登場したピックアップトラックの「グラディエーター・ルビコン」

2021年11月30日から受注が開始された「グラディエーター」は1963年に初代が誕生し、20年以上のモデルライフを有していました。

ジープ グラディエーター・ルビコン
ジープ「グラディエーター・ルビコン」のリヤビュー

その後、「ジープ・コマンチ」など複数のモデルを経て、このグラディエーターは2018年にロサンゼルスオートショーで26年ぶりにジープの名を冠するピックアップトラックとして登場しました。

グラディエーターには、ジープ伝統の7スロットグリルに代表される、ラングラーと共通のデザインが与えられています。

ジープ ジープ グラディエーター・ルビコン
ジープ「グラディエーター・ルビコン」の走行シーン

ホイールベースは、「ラングラー・アンリミテッド」よりも480mm延長され、5名乗車が可能なダブルキャブ(4ドア)ボディに広大なベッド(荷室)を備えています。

なお、グラディエーターの最小回転半径は6.9m(ラングラー・アンリミテッドは6.2m)ですので、駐車や取り回しには覚悟が必要です。

車体の骨格には、悪路走破性や牽引能力に優れる伝統のボディ・オン・フレーム構造が採用されているのはもちろん、最新の素材、材料が採用されているそうで、ボディ剛性や耐久性にも有利な設計になっているそう。

ジープ グラディエーター・ルビコン
ジープ「グラディエーター・ルビコン」のフロントシート

日本導入モデルは、ジープ最強のオフロード性能を誇る「ルビコン」仕様。前後デフロック機構や悪路走行時に、サスペンションストローク量を増加させる電子制御式の「フロント・スウェイバー・ディスコネクトシステム」、極低速走行を可能にする専用ローギア付の「ロックトラックフルタイム4×4システム」、マッド&テレインタイヤなど、悪路走破性を向上させる多くの専用装備を備えています。

ジープ グラディエーター・ルビコン
ジープ「グラディエーター・ルビコン」のインパネ

前方に設置されたカメラにより前方下部の映像を映し出すオフロードカメラや、FOX社製「パフォーマンスショックアブソーバー」が備わり、実践的な悪路走破性がより高められているそうです。

インテリアは、スマホの接続も可能なオーディオナビゲーションシステム(Uconnect)をはじめ、サブウーファー付アルパイン製プレミアムスピーカー、レザーシート、前席シートヒーターなどの快適装備が充実。後席の後方やシート下に収納スペースが用意され、使い勝手の面でも配慮されています。

ジープ グラディエーター・ルビコン
ジープ「グラディエーター・ルビコン」の荷台

ボディカラーは9色展開で、いずれもブラックもしくはブラック/ダークサドルの2色のインテリアカラーとの組み合わせが可能です。

ジープ グラディエーター・ルビコン
後席の前倒しが可能

【Gladiator Rubiconの主なSPEC】
・ボディサイズ:全長5600×全幅1930×全高1850mm
・エンジン:3.6L V6(284PS/347Nm)
・トランスミッション:8AT
・駆動方式:後輪・4輪駆動・オンデマンド方式4輪駆動(選択式)
・価格:770万円(パールコート塗装車は、775万5000円)

(塚田 勝弘)