■BRZを彷彿させるC型LEDデイタイムランニングライトを装備

スバル(SUBARU)は、エレクトリックコンセプト「STI E-RA」を東京オートサロン2022(2022年1月14日〜16日)で世界初公開することを発表、そのティザーイメージをリリースしました。

スバル WRX S4
スバル WRX S4 パフォーマンスコンセプト

STI E-RAは、カーボンニュートラル時代へ加速するモータースポーツモデルであり、内燃エンジンなしのピュアエレクトリック駆動系を採用すると思われます。

スバル STIE-RA_001
スバル STIE-RA ティザーイメージ

初公開されたティザーイメージでは、BRZを彷彿させるC型LEDデイタイムランニングライトを装備。

ボンネットには2つのダクト、「STI」のロゴなどフロントエンドが確認できます。

EVスペックは明かされていませんが、フロントとリアに電気モーターを搭載、全輪駆動が予想されます。

また東京オートサロン2022では、「WRX S4 STIパフォーマンス コンセプト」も展示予定で、巨大なリアウィング、サイドミラーキャップとフロントグリルのSTIバッジ、レッドカラーで仕上げられたアンダースポイラーが装備されています。

そのほか、「レヴォーグ STIパフォーマンス コンセプト」や「BRZ STIパフォーマンス」、さらにスーパーGTで優勝を果たした「SUBARU BRZ GT300」なども公開、東京オートサロン2022を盛り上げてくれそうです。

(APOLLO)