■TEAM IMPULのSUPER GT参戦車両のNissan Z GT500なども登場

2022年1月11日、ブリヂストンは1月14日(金)〜16日(日)、千葉県・幕張メッセで行われる「東京オートサロン2022」の出展概要を発表しました。

「10年後、20年後にも走るわくわくを提供しつづける」というテーマを掲げ、プレミアムブランドのタイヤと車両の展示、トーク映像などが展開されます。

ブリヂストン 東京オートサロン2022
「東京オートサロン2022」のブリヂストンのブースイメージ

西ホール3のブリヂストンのブースは、サーキットをモチーフにデザインされています。ブリヂストンのモータースポーツを通じて研鑽を続ける技術力、スポーツタイヤブランド「POTENZA」の高性能、国内外の多様なモータースポーツの取り組みが披露されます。

ブース内のモニターやブリヂストン公式「YouTubeチャンネル」では、佐藤琢磨選手などのトップドライバーをはじめ、星野一義氏、鈴木亜久里氏、土屋圭市氏、脇阪寿一氏などがモータースポーツの楽しみ、将来を語り合ったトーク映像を展開。

ブリヂストン 東京オートサロン2022
モータースポーツをイメージしたブリヂストンのブースイメージ

また、ブースでは、近年増加しているオンロード領域のSUVをターゲットにしたプレミアムSUVタイヤブランド「ALENZA」のラインナップ、静粛性や快適性を重視したコンフォートタイヤ「ALENZA LX100」、運動性能を重視したスポーツタイヤ「ALENZA 001」も展示されます。

ほかにも、スポーツ車両向け「POTENZA」「Prodrive」ブランドのプレミアムホイールも出展。

ブリヂストン 東京オートサロン2022
ブリヂストンのブースイメージ

展示車両は、TEAM IMPULのSUPER GT参戦車両であるNissan Z GT500(装着タイヤ:POTENZA RACING TIRE)、Toyota GR86(装着タイヤ:POTENZA RE-71RS)、BMW M PERFORMANCE PARTS装着車であるBMW M4 クーペCompetition(装着タイヤ:POTENZA S007A)、Mercedes-Benz EQA250(装着タイヤ:ALENZA LX100)となっています。

(塚田 勝弘)