■スバル渾身のBEV「ソルテラ」に、エアロパーツをプラスしたコンセプトカー

●STIパワーに期待が高まる!

2022年中頃に発売を予定している、トヨタとの共同開発されるSUBARUのBEV「ソルテラ」。

SUVスタイルの洗練されたデザインに、e-SUBARU グローバルプラットフォームと呼ばれるBEV専用のプラットフォームを採用し、駆動方式はFFとAWDを設定。

リチウムイオンバッテリーの配置にもこだわり、スバルらしい走りの愉しさを有する、全く新しいモデルとして登場に期待が高まるモデルです。

今回、東京オートサロン2022の会場にて世界初公開となった「SOLTERRA STI CONCEPT」は、同じく東京オートサロン2022で出展されている新型レヴォーグや新型WRX S4をベースとした参考出品車と同じく、フロント、サイド、リヤサイドのアンダースポイラーにチェリーレッドを用いたエアロパーツを装着。

端部をウイング形状とすることで空気の流れをコントロール。

端部をウイング形状とするなど、カラーリングだけでなく、空力面でも効果の高そうなデザインが取り入れられています。

元々すでに販売されている市販車用のSTIエアロパーツは風洞実験を繰り返し、レース車両や市販車両のノウハウなどを取り入れた本格的エアロパーツとなっている点が人気のアイテムの理由ですが、このソルテラSTIコンセプトにもそのスピリッツが感じられます。

リヤスポイラー上の突起はスタビライジングフィンと呼ばれる空力向上アイテム

またアンダースポイラーだけでなく、リヤスポイラーにも大きなSTIロゴが翼端面に入るほか、スポイラー上部にはスタビライジングフィンを装備。

こちらも従来のSTI製エアロパーツで効果の高い形状として、レヴォーグ用リヤスポイラーなどに採用されている空力技術のひとつです。

タイヤサイズは標準モデル同様AWD仕様は235/50R20

ホイールも形状やサイズこそすでに公開されている標準モデルと同一となっていますが、そのブラックのカラーリングで足元を引き締めているだけでなく、スポーク部分にエアロパーツと同じチェリーレッドを差し色で添えている点も心ニクイ演出です。

STI E-RAコンセプトとともに、カーボンニュートラル時代を駆け抜ける「ソルテラ」、スバルファンの期待を裏切らない「走りの愉しさ」が、STIの手でさらに磨きあげられているモデルといえます。

(井元 貴幸)