■GRヤリスとGR86のストリート&ドリフトマシンを展示

2022年1月14日(金)〜16日(日)、千葉県にある幕張メッセで東京オートサロン2022が開催されています。西ホール3にあるCUSCOブースについて紹介します。

東京オートサロン2022_CUSCO_005
CUSCOブースの外観

車高調サスペンションやLSDをはじめ、ロールケージなどの競技用パーツなどを販売しているCUSCO(クスコ)。東京オートサロンに先駆けて、2022年シーズンのモータースポーツ活動計画を発表しました。

東京オートサロン2022_CUSCO_001
GR86のフォーミュラーD参戦車

ラリーでは、今季シリーズ戦として開催が予定されているアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)と、タイ国内ラリー選手権にC-HRで参戦。

また、新たに発足したXCRスプリントカップ北海道には、ハイラックスREVO とジムニーの2台で参戦予定。

ドリフトでは、2020年よりシリーズ参戦しているFORMULA DRIFT JAPAN に、ニューマシンのGR86で参戦することとなっています。

東京オートサロン2022_CUSCO_002
GRヤリスのストリートマシン

ブース内にはGR86とGRヤリスのデモカーに加えて、世界に先駆けてCUSCOが製作したGR86ドリフトマシン・CUSCO GR86 Formula DとGRヤリスドリフトマシン・GR YARIS Formula Dの合計4台を展示しています。

CUSCOは車両に加えて、新製品も出展しています。

東京オートサロン2022_CUSCO_003
新製品のオイル添加剤を発表

まずはCUSCOハイオクタンチャージャー(2,860円・税)。

この商品はサーキット走行や競技などの高負荷走行や、チューニングエンジン用の燃料のオクタン価アップを目的に開発された商品。圧縮比アップやECUチューニングをはじめ、ノーマルエンジンでも起こる燃焼室内の温度上昇によるノッキングなどにも効果を発揮します。

ガソリン60Lに対してCUSCOハイオクタンチャージャー200mlを1本添加します。

東京オートサロン2022_CUSCO_006
GR86のストリートマシン

そして、参考出品ながら大注目なのが、CUSCOスーパーチャージャーキットfor GR86/スバルBRZ。2021年に登場したばかりのGR86/スバルBRZ用のスーパーチャージャーが早くも登場しました。

GR86/スバルBRZに搭載されているFA24型2.4L水平対向4気筒エンジンの特徴である、高圧縮比によるハイレスポンスでスポーティな乗り味はそのままに、ゆとりあるパワーとトルクフルな走りを実現しています。

フラットなトルク特性により、MT車だけでなくAT車とのマッチングも良好です。

東京オートサロン2022_CUSCO_004
GR86/BRZ用のスーパーチャージャー

このスーパーチャージャーは、全域高効率化を可能としたリショルム方式を採用し、専用インテークマニホールドの採用によって、完全ボルトオン設計となっています。

装着すると3L自然吸気エンジンのようなトルクフルで扱いやすい出力特性を発揮します。

やはりGR86/スバルBRZのような国産スポーツカーが登場すると、パーツメーカーも活気づいて元気になるのが肌で感じられます。

(文・写真:萩原 文博)