■熾烈なモータースポーツ活動をフォローする“Winmax”ブレーキキット

●GRヤリスには専用のモノコックキャリパーキットを装着

2022年1月14日〜16日、千葉県にある幕張メッセで東京オートサロン2022が開催されています。西ホール3にあるWinmaxブースについて紹介します。

東京オートサロン2022_winmax_001
winmaxブースの外観

Winmaxは日本国内のモータースポーツ黎明期から現在に至るまで、多種多様なモータースポーツで使われるハイパフォーマンスブレーキパーツを開発してきた、日本で最初のハイパフォーマンスブレーキパッドメーカーです。

各レース分野のプロフェッショナルドライバーのフィードバックをベースに、日本国内の自社工場で開発から製造までを一貫して行い、ストリートからコンペティションユースまで、あらゆるドライバーのニーズを満たしてくれる商品です。

東京オートサロン2022_winmax_003
winmaxのGR86

Winmaxのブースには、今回の東京オートサロン2022の主役と言えるGR86とGRヤリスの2台が展示されています。

東京オートサロン2022_winmax_002
winmaxのGRヤリス

これまでWinmaxはブレーキパッドのみを製造・販売してきましたが、この展示されているGRヤリスには、ブレーキパッドに加えて、キャリパー、ディスクそしてホースという専用のモノコックキャリパーキット(フロント66万円、リア61万6000円ともに税込)を装着しています。

東京オートサロン2022_winmax_004
GRヤリス用のモノコックブレーキキット

一方のGR86はWinmaxスポーツキャリパーキット(57万2000円税込)を装着。このキットもブレーキディスクをはじめ、キャリパー、ローター、ホースがセットとなっています。

●人気車種モデル、86/BRZ、アルトワークス、スイフトスポーツへもキャリパーキット販売へ

東京オートサロン2022_winmax_005
GR86用のブレーキキット

ブースのかなりのスペースを占めて展示されているのはやはりブレーキパッド。

競技用ブレーキパッドのイッツシリーズは、シビアなブレーキセッティングが求められるジムカーナ、ダートトライアル、ラリーで国内シェアNo.1のブランドです。

東京オートサロン2022_winmax_006
競技用ブレーキパッドのイッツシリーズ

使う用途に合わせて15種類あり、コンパクトカーやFR、MR車でのスラローム競技車両をターゲットとしたR1からラリー用リア専用メタルパッドのRM3。リアドラム用のRS1〜RS2まで幅広い車種と用途に対応しています。

東京オートサロン2022_winmax_007
街乗りからサーキット用まで揃えるアルマシリーズ

そしてWinmax伝統の赤く塗装されたブレーキパッドがアルマシリーズ。

街乗り用の「ストリートシリーズ」、ミニサーキット・走行会用の「スポーツシリーズ」、レース用の「サーキットシリーズ」、耐久レース用の「エンデュランスシリーズ」と用途に併せた4つのシリーズをラインナップしています。

ブレーキパッドの老舗ブランドであるWinmaxが、満を持してキャリパー・ローターといったブレーキキットの販売を始めました。

GR86やGRヤリス以外にも旧型の86/BRZ、アルトワークス、スイフトスポーツなど中古車で人気の高いモデルをラインアップ。戦闘力アップには欠かせないアイテムと言えます。

(文、写真:萩原文博)