■スバルスタイルブースには個性あふれるスバル車が大集合!

東京オートサロン2022にあるスバル専門誌「SUBARU STYLE」ブースでは、誌面でも活躍中の女性ライター「にゃんちゅー」こと今泉史さんがお出迎え。

ライターにゃんちゅうーがスバルスタイルブースをご案内〜

なぜかスタイルはナースです。

にゃんちゅーご本人も初代レヴォーグ、WRX S4と乗り継ぐスバルオーナーで、カスタムにも積極的な彼女にブース内のスバル車をチェックしてもらいました。

”旬”のスバル車が大集合!

ブース内にはSUBARU STYLE×STI レガシィアウトバック、S-CRAFTレヴォーグ、ノブレッセBRZ、WORK BRZの4台を展示しています。

●SUBARU STYLE×CTI  OUTBACK 6×6仕様

アウトバックに6MT〜♪

「スバルスタイル」VOL.8/9の企画にて製作したBP型レガシィ アウトバック。

本来設定のない6MTと6気筒を組み合わせるレガシィ アウトバック

D型と呼ばれる後期EZ30 6気筒エンジン搭載の3.0Rをベースに、アウトバックに設定のない6MTを搭載。ボクサー6と6速MTの組み合わせの6×6アウトバックが完成。

ほかにもCTIの手により各部を、純正部品でレストアしている点にも注目です。

●NOBULESSE BRZ

オリジナルマフラーはテールエンドも大きくて〇

新型BRZ用のノブレッセオリジナルエアロキットや、オリジナルのマフラーを装備。

エナペタルの車高調で程よく下げられた車高と合わせてスタイリッシュな仕上がりとなっています。

新作のエアロキットを早くも装着しているノブレッセBRZ

主張しすぎないリップタイプのフロントスポイラーや大口径のマフラーが、にゃんちゅうーもお気に入りの様子。

●WORK BRZ

クロームの輝きにうっとり♡

ホイールメーカー「WORK」のデモカーとして展示されている新型BRZ。足元にはWORKの人気シリーズ「エモーションZR10 2P」で引き締めています。サイズは19×9jj+30という迫力。

展示車はなんと! 左右でカラーの異なるものを装着しているので、2パターンの装着イメージを見ることができます。

WORKのBRZは左右で異なるホイールを装着

また、このBRZにはKUHLのフルエアロ「KRUISE KR-ZD8RR」も装着されていました!

●S-CRAFT LEVORG

おっきいウイングにカーボンの翼端板がスポーティ!

スバル車のエアロパーツを長きにわたり製作している「S-CRAFT(エスクラフト)」が手掛ける新型レヴォーグは、ワンランク上のスポーツワゴンというコンセプト。

エクステリアにはノーマルのフォルムをよりスポーティに魅せるフルエアロにより、アグレッシブなレヴォーグに仕立てられています。

S-CRAFTの新型レヴォーグはワンランク上のスポーツワゴンを提案

大型のリヤスポイラーはワゴンならではの伸びやかなスタイルにスポーティさをプラス。翼端板のカーボンパネルもレーシーな印象です。

また、インテリアにもGT-DRYパーツでドレスアップ。ダッシュボード周りだけでなく、ドアトリム周りのアイテムも人気となっているそうです。


普段、誌面でしか見ることのできない人気デモカーが勢ぞろいの「SUBARU STYLE」ブースでした。

(文・井元 貴幸)