■ブルーのブリッツがブラック&レッドに変革中 パーツ群のカラーリングが変わる

ブリッツといえば、パーツのイメージカラーにブルーを多用するブランドでしたが、今はちょうど変革期にきていてイメージカラーをブラック&レッドに変更しつつあります。今回の東京オートサロン2022ではそのブラック&レッドを系パーツを組み込んだGR86がメインの車種となっていました。

ブリッツブース
ホワイト基調でシンプルな印象のブリッツのブース

●イメージカラーの元になったのはZZ-Rダンパー

ブリッツパーツ群
下段のZZ-Rダンパーのブラック&レッドのカラーリングをさまざまなパーツに拡大展開中

変更するカラーリングの元のイメージとなったのが「ZZ-R」というダンパーです。

ブリッツのパーツ群のなかでもとくに人気が高く、このZZ-Rダンパーに合わせてトータルコーディネートしたチューニング&ドレスアップをしたいというニーズを多く受けてカラーチェンジを行っているのだといいます。

ブリッツパーツ群2
ブレーキキャリパーやアーム類、タワーバーなどもブラック&レッドのカラーに変更される

従来のブリッツとはまったく異なるカラーリングとなりますが、これからの展開は楽しみにあふれています。

●メインの展示車種はGR86

ブリッツBRZ 外観
ブリッツの展示車のメインはトヨタGR86

今回の東京オートサロン出展にあたってのブリッツのメイン車種はトヨタGR86。

チューニングのメインメニューは、300馬力を目安にしたターボシステム。このターボに合わせてマフラーはNURスペックのカスタムエディションをチョイス。高出力化に対応してクラッチはORCのメタルクラッチがおごられています。

ブリッツGR86 エンジンルーム
ブリッツのパーツで組み上げられたとは思えない、ブラック&レッドが映えるエンジンルーム

エクステリアではエアロスピードのフルキットを装着、もちろんGTウイングも装備します。サスペンションシステムはもちろんZZ-Rダンパーを中心にしたもの。装着されるZZ-Rダンパーは減衰力を最大96段電子調整可能なZZ-RスペックDCSプラス。

フロントはトーアジャスター、リヤはトレーリングアジャスターを装着。ブレーキは前後ともにビッグキャリパーとなっています。

●シビック、レクサスNX、ランドクルーザー300GRスポーツなども鋭意開発中

ブリッツのブースにはシビック、レクサスNX、ランドクルーザー300GRスポーツも展示されていました。

ブリッツ シビック
シビック用パーツも開発が進む

シビックはブリッツのチューニングパーツとして人気のパワスロを装着、エアクリーナーはカーボンパワーエアクリーナー、サクションキット、マフラーはNURスペックカスタムエディションとなっています。

足まわりには96段調整のZZ-Rダンパー、フロントブレーキのビッグキャリパーなどを装着。エンケイRS05RRホイールに235/35R20サイズのファルケン・アゼニスFK510が組み合わされます。

フルモデルチェンジされたばかりのレクサスNXには、カーボンパワーエアクリーナー、サクションキット、NURスペックカスタムエディションのマフラーを装着。

サスペンションは32段調整のZZ-Rダンパーとなります。ホイールはエンケイ製の20インチでタイヤはダンロップのコンフォート系であるヴューロで、サイズは245/45R20となります。

ブリッツ レクサスNX
レクサスの入門的SUVであるNXのパーツ開発も進行中
ブリッツ ランクル
納車まで2年以上必要だと言われるランドクルーザー300も実車でパーツ開発中だ

納期が2年以上とも言われているランドクルーザーの最新モデルである300系もブリッツはチューニング対象としています。

基本のカーボンパワーエアクリーナー、サクションキット、NURスペックカスタムエディションのマフラーに加えてパワスロを装着。ZZ-Rダンパーは32段調整式で、エンケイPDT1ホイールに285/55R20サイズのファルケン・ワイルドピークA/T3Wが装着されます。

(文/写真・諸星陽一)