■700×45Cのワイドタイヤ、外装11段のグラベル専用リヤディレイラー「SHIMANO GRX」を搭載

ヤマハ発動機は、e-Bike(スポーツ電動アシスト自転車)の「YPJシリーズ」の新モデル「WABASH RT(ワバッシュ アールティー)」「CROSSCORE RC(クロスコア アールシー)」の2モデルを2022年3月10日に発売します。

ここでご紹介する「WABASH RT」は、オンロードでの快適性だけでなく、オフロード(林道・砂利道などの未舗装路)での高い走破性を備えています。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
「YPJシリーズ」の新モデル「WABASH RT」

未舗装路で最も高い走行性能を発揮しながら、楽しく、快適に移動できるグラベルバイク。

アップライトなハンドルグリップポジションにより、良好な前方視界を確保。長距離走行時でも走りやすく、より快適な移動をサポートします。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
新モデル「WABASH RT」の走行イメージ

また、オフロード走行時に最適なフレアハンドルの採用もトピックスです。ハンドル上側と比較して広がるハンドル下側を握ることで、未舗装路などの荒れた路面でも、抑え込みが効くことで、良好なコントロール性、安定性が確保されます。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
700×45Cのワイドタイヤを履く

タイヤは、オフロード走行時のクッション性が考慮された700×45Cのワイドタイプで、未舗装路でも高い走行性、快適性に寄与します。

さらに、オフロード走行時に威力を発揮するサスペンション付きドロッパーシートポストも採用されています。状況に応じてハンドルバーに装着したレバーを操作するだけで、乗車したままシート高の調整もできます。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
サスペンション付きドロッパーシートポストを備える

また、複雑な地形やライディングスタイルに対応する外装11段のグラベル専用リヤディレイラー「SHIMANO GRX」が搭載されていて、チェーン落ちを抑制するスタビライザー機能により路面状況に応じた使い分けが可能。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
外装11段のグラベル専用リヤディレイラー「SHIMANO GRX」を採用する

また、長距離ツーリングの際に必要なハンドルバーバッグなどのアクセサリーも取り付け可能。

ほかにも、フレームやフォークの各所にダボ穴を設けられているため、様々なアクセサリーの装着もできます。

たとえば、ロングツーリング、キャンプ道具やアウトドアグッズを積むバイクパッキングに対応する拡張性の高さを備えています。

ドライブユニットは、「YPJシリーズ」に初めて「PWseries ST」が採用されています。

エントリーユーザーから経験豊富なライダーまで、オンロード、オフロードを問わず上質なアシストを提供。「アシストモード」は、5つから選択できます。

ライディングに集中できる「Automatic Assist(オートマチック アシスト)」モードは、走行状況やライダーの要求に対して、「HIGH」「STD」「ECO」の3つのアシストモードから自動で選択し、状況に応じた最適なアシストを引き出せます。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
多機能メーターを備える

バッテリーは、500Whクラス36V/13.1Ahの大容量バッテリーを搭載。一充電あたりの走行距離は、Automatic Assistモード時で96kmとなっています。

充電時間は、家庭用100Vコンセントで残量がほぼ空の状態から約3.5時間でフル充電が可能です。

ヤマハ発動機 ワバッシュ アールティー
オフロード走行時に最適な「フレアハンドル」を採用

●「WABASH RT」価格:43万8900円

(塚田 勝弘)