■N-ONEに「シティ・ターボII」の雰囲気を加味!

ホンダが出展したコンプリートカー「K-CLIMB」のエクステリア

1月14日から16日にかけて一般公開された東京オートサロン2022において、ホンダの純正用品開発を手掛けるホンダアクセスがN-ONEのコンプリートカー「K-CLIMB(ケークライム)」を出展しました。

ホンダN-ONE RSのエクステリア

エクステリアはスポーティな「RS」グレードをベースに、“ブルドッグ”の愛称で親しまれた1983年発売の「シティ・ターボII」をオマージュしたデザインを採用。

1983年発売のホンダ「シティ・ターボII」

ラジエターグリルやフロントバンパーの開口部を左右非対称デザインとし、ホンダのHマークやライセンスプレートが運転席側にオフセットして配置されています。

ホンダが出展したコンプリートカー「K-CLIMB」のエクステリア

軽量化を目的にボンネットフードや専用意匠のラジエターグリル、前後バンパーをCFRP製(カーボン繊維と樹脂の複合材)に換装。リヤハッチ上部には専用開発のテールゲートスポイラーを装備。リヤバンパーはセンター2本出しマフラーに対応した形状になっています。

ホンダ「K-CLIMB」のリヤビュー

サイドステップスポイラーは先代のN-ONE Moduro X用を流用。

ホイールインセット変更により前後のトレッドを拡大するとともに、専用デザインのオーバーフェンダー(フロント+15mm、リヤ+12mm)を装着しています。

またインテリアには6点式ロールバーを装備。前席用4点式シートベルトを装着したシンプルな構成。

ホンダが出展したコンプリートカー「K-CLIMB」のエクステリア

一方、足廻りでは、コーナリング時の安定感を高めるべくダンパーを車高・減衰調整式に換装するなど、スプリングも含めたサスペンション・チューニングが施されています。前後輪には初代N-ONE Modulo X用の15インチ5.0JのアルミホイールにADVAN FLEVAの165/55R15タイヤを装着。

「K-CLIMB」はヒルクライムレース出場を想定して開発されており、山道のコーナーが連続するシーンではコーナリング時の安定感が何より重要。

ホンダ「K-CLIMB」に装備するパーツ一覧

ホンダアクセスでは昨年のバーチャルオートサロン以降、シフトフィールの質感が高い6速MT装備のN-ONE RSをベースに足廻りを作り込むことにより、本格的に「K-CLIMB」の商品化を目指しているそうなので、同社の今後の動きが注目されます。

(Avanti Yasunori)