■東京オートサロン2022の来場者が選んだカスタムカーの人気投票

●SUV部門はSUVのチャレンジを提案したカスタムカーが対象

東京オートサロン2022の出展車両の中から、来場者の投票によってNo.1カスタムカーを決定するのが「東京国際カスタムカーコンテスト」です。各部門ごとに優秀賞2台、最優秀賞1台の計3台が選出され、最終日の1月16日(日)にトロフィーと記念の盾が贈られる表彰式が行われました。

東京国際カスタムカーコンテスト2022では、8つの部門が設定され、選出されたクルマたちは魅力的なものばかりです。今回はその中からSUV部門の受賞車を見ていきましょう。

●最優秀賞:DELTA FORCE JL WRANGLER(EXIZZLE-LINE)

オーバーランドスタイルという大陸横断をイメージしてカスタマイズされたDELTA FORCE JL WRANGLER。

DELTA FORCE JL WRANGLER
DELTA FORCE JL WRANGLER

オーバーランドスタイルは、ヘビーデューティータイヤブランド、MONSTAタイヤの新作タイヤから発想したスタイルで、荒野を突き進む現代のカウボーイ的なイメージが漂います。

DELTA FORCE JL WRANGLER
DELTA FORCE JL WRANGLER

レジャー的なキャンプのイメージを超えた、本格的な装備が搭載されます。

DELTA FORCE JL WRANGLER
DELTA FORCE JL WRANGLER

その中でも圧巻なのが、左サイドに搭載されながらクルマの後方までカバーする、折り畳み式のタープ「RHINO RACK BATWING TAPERED」。

DELTA FORCE JL WRANGLER
DELTA FORCE JL WRANGLER

コウモリが羽を広げたかのような構造で、これだけ大型のタープが簡単に広げられ、また収納できるというものです。

最近のアウトドアブームのなかでも、ジープラングラーにこういった装備でカスタマイズされると、説得力が違います。

●優秀賞 LUV LINE LAND CRUISER 300(M’z SPEED)

SUVと言ってもアウトドアユースだけではありません。都市をゆったりと走るシティ派にもSUVは大人気。

LUV LINE LAND CRUISER 30
LUV LINE LAND CRUISER 300

昨年発売されたトヨタ ランドクルーザー300をベースに、フロントバンパー、オーバーフェンダー、リアディフューザー、ゲートリップスポイラーなどでドレスアップ。

LUV LINE LAND CRUISER 30
LUV LINE LAND CRUISER 300

最新のFORGED DESINGの鍛造ホイールにNITTOタイヤの組み合わせは、まさに魅せるためのものだといえるでしょう。

LUV LINE LAND CRUISER 30
LUV LINE LAND CRUISER 300

グリル、ボンネットセンターからルーフ、リアゲートまでをフラットブラックにし、ホワイトボディとの2トーンはおしゃれな雰囲気も醸し出しています。

LUV LINE LAND CRUISER 30
LUV LINE LAND CRUISER 300

また、テールを引き締めながら音でも魅せていくタイプのオリジナル4本出しマフラーは、カーボン製のマフラーカッターで、迫力を出しながらもディフューザーとの一体感で美しくまとめていきます。

●優秀賞 BLACK LABEL HARRIER(ARTISAN SPIRITS)

ランドクルーザーなどのクロスカントリーSUVとは一線を画す、全天候対応なシティ派と言えるのがクーペスタイルのクロスオーバーSUV。特にトヨタ ハリアーはそんなクロスオーバーSUVの筆頭と言える存在。

BLACK LABEL HARRIER
BLACK LABEL HARRIER

そのハリアーをローダウンすることでいっそうクーペスタイルを際立たせているのが、このBLACK LABEL HARRIERです。

BLACK LABEL HARRIER
BLACK LABEL HARRIER

リアにはルーフスポイラーとゲートスポイラーが装着され、ハリアーの流れるラインを美しく拡張。

フロントとサイドに装着されるアンダースポイラーはウイングレット状のカナードを持ち、またリアのアンダーデュフューザーにも同様のカナードがあります。

このカナードが、実は10mmワイドのオーバーフェンダーとの間に流麗なラインを作っています。

BLACK LABEL HARRIER
BLACK LABEL HARRIER

オーバーフェンダーの中に納まるホイールは、ARTISANSPIRITS CORART A7+の22インチ!フロント9.5J、リア10Jの迫力サイズとなります。また迫力と言えば、エアアウトレットが開けられたボンネットフードも圧巻の仕上がりです。

BLACK LABEL HARRIER
BLACK LABEL HARRIER

フェンダー内にほんの少しだけタイヤトップが隠れる22インチホイールとアンダースポイラーのおかげで、BLACK LABEL HARRIERのローダウン感はいっそう高まります。

都市のハイウェイを疾走する全天候対応なクーペスタイルのクロスオーバーSUVとしての説得力は、かなり高いといえるでしょう。

(文:松永 和浩)