■日産が電動化、最新安全技術、コネクティビティの最前線を紹介

2022年5月25日(水)〜27日(金)までパシフィコ横浜、6月29日(水)〜7月1日(金)までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展 2022」。

このイベント開催に先立ち、日産自動車が出展概要を発表しました。なお、今年は完全事前登録制になりますので、来場予定の方は事前登録が必要になります。

人とくるまのテクノロジー展 2022 日産ブース
「人とくるまのテクノロジー展 2022」の日産ブースのイメージ

日産ブースでは、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を実現する最新技術が展示されます。

「技術の日産」がどんな最新技術を披露してくれるのでしょうか。最新のEVである日産アリアと、発表されたばかりの新型軽EVの日産サクラの電動化技術をはじめ、日産独自の電動パワートレイン「e-POWER」の技術、高速運転や駐車をサポートする先進運転支援技術・プロパイロットなどの最先端技術が幅広く紹介されます。

具体的には、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を構成する3つの領域で最新技術を披露。

日産アリア
日産アリアのイメージ

まず、「ニッサン インテリジェント パワー」では、バッテリーEVや「e-POWER」など、モーター駆動車がもたらす新たな価値を紹介。

日産アリアの「EV専用プラットフォーム」、新開発の電動駆動四輪制御「e-4ORCE」の技術をはじめ、日産サクラの「e-パワートレイン」技術、第2世代の「e-POWER」および「e-POWER 4WD」の技術を展示。

次に最新安全装備や技術の「ニッサン インテリジェント ドライビング」として、快適なドライブをサポートする先進運転支援技術「プロパイロット」の最新技術が紹介されます。

具体的には、高速走行をサポートする「プロパイロット」「プロパイロット(ナビリンク機能付き)」「準天頂衛星を活用したプロパイロット 2.0」のほか、駐車をサポートする「プロパイロット パーキング」「プロパイロット リモートパーキング」を展示。

そして、最新のコネクティビティ「ニッサン インテリジェント インテグレーション」では、日産アリア、日産サクラなどに搭載される「統合型インターフェイスディスプレイ」などの先進コクピット技術が展示されるほか、日産アリア搭載の最先端の「音声認識技術」を紹介。

日産サクラ
先日発表された日産サクラ

そのほか、オンラインでは、自動車技術会主催 新車開発講演において、日産アリアの開発責任者である中嶋 光氏(第一製品開発本部 第一製品開発部 チーフビークルエンジニア)による、「新時代の電気自動車 日産アリアの開発」をテーマとした講演が行われます。

(塚田 勝弘)