■新世代PHEVシステムや車両運動統合制御システム「S-AWC」などを分かりやすく紹介

三菱自動車は、2022年5月25日(水)〜27日(金)までパシフィコ横浜で開催される自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2022 横浜」の出展概要を発表しました。

三菱自動車は、新型アウトランダーに搭載された技術として、プラグインハイブリッドEV(PHEV)システムをはじめ、安全、安心で走りの楽しさも実現する車両運動統合制御システム「S-AWC」、新開発プラットフォーム、同社のPHEVで初めて3列7人乗車を可能にしたパッケージングや先進安全装備が紹介されます。

三菱自動車 人とくるまのテクノロジー展2022
「人とくるまのテクノロジー展2022 横浜」のブースイメージ

展示内容は、新世代PHEVシステム、車両運動統合制御システム「S-AWC」、新開発のプラットフォーム、パッケージング、進化した先進安全装備がテーマ。

リアル展示会ブースでは、実車を交えながら技術ポスター、オンライン説明員を中心に分かりやすく解説されます。また、オンライン展示会では各技術の解説動画に加えて、開発者が走行映像とデータを通して、込めた思いを語る解説動画などが確認できます。

三菱自動車 アウトランダー
新型アウトランダーの技術を紹介

PHEVシステムの3次元データを用い、自由に回転、拡大、縮小できるデジタルPHEVシステムも出展されます。

同イベントは、自動車関連に携わる方だけでなく、クルマ関連の最新技術に興味がある方など幅広い層が来場します。

今回の三菱自動車ブースでは、新型アウトランダーPHEVの技術などをチェックできます。同モデルのオーナーはもちろん、購入を検討している方もリアルもしくはオンライン展示会に訪れてみてはいかがでしょうか。

なお、リアル展示会は完全事前登録制で、オンライン展示会への入場(ログイン)には、来場登録が必要になります。

(塚田 勝弘)