■沖縄でレンタカーが借りられない、どうする?

夏休み真っ盛りですね。夏といえば沖縄。カールスモーキー石井さんが『トランクひとつだけで浪漫飛行へイン・ザ・スカイ♪』と唄ってたもう少し前の斉藤慶子さんや鳥越マリさんがキャンペーンガールをやってた頃から、夏といえば沖縄というのは相場が決まっているもんです。

しかし、コロナの影響以来、観光客は激減。その影響を受け、レンタカー運営各社は保有車両を絞り込んでしまいました。

このため、飛行機を予約した。ホテルを予約した。なのに、レンタカーが予約できないとなると、沖縄で思っていたような旅がままならない、となるツアリストがほとんどなのではないでしょうか。

先日の沖縄北谷でのスローモビリティの様子をお伝えした記事を取材する際も、同様にレンタカーの予約をすることがままなりませんでした。

出発前後もスマホとにらめっこし、旅行期間中のレンタカーを検索します。全国区の大手レンタカー会社、沖縄のローカル会社やいわゆる格安系レンタカー会社のサイトはもちろん、〇〇トラベル、〇〇アドバイザー、航空会社のレンタカー予約なども利用し検索するも、出てくるのは1件のみ。某スポーツカーの、それも車高短にエアロの改造車ドレスアップカーでした。価格は1泊2日で5万円ほど。

うーん、見知らぬ土地で駐車事情もわからいので、さすがにそれはパス。前回の記事でも書きましたが、レンタルバイク店でスクーターを予約したものの、当日は台風が直撃する予報がほぼ的中しかけている状況。サンゴ砂が混じっている沖縄のアスファルトは滑りやすいと言われているのに、慣れない二輪車で土砂降り突風の中移動する自信はなく、途方に暮れていました。

そこで、ハタと気づいたのです。

検索する車両カテゴリを増やしてみよう。

●バン・トラックを探してみよう

それまで、乗用車は軽自動車からミニバン、高級車まですべてにチェックを入れて検索していました。が、それにさらに商用車を加えてみたのです。

予約検索するクラスにバン・トラックを選択してみよう
予約検索するクラスにバン・トラックを選択してみよう

けれど、「予約可能なクラスがありませんでした。条件を変更して再検索してください。」と表示されます。さらにさらに、条件を緩めることを試みます。

私自身はマニュアルでも構わないというか、むしろ楽しめるので、「AT/MT」どちらでも(通常はデフォルトでATが優先されることが多い)。さらに、タバコ臭いのはかなわないので禁煙希望だったのですが、「禁煙/喫煙」どちらでもにチェック。

その条件で検索ポチリ。

見事、ニッポンレンタカーのサイトで、「トヨタ・プロボックス(AT・喫煙車)」がヒットしたではありませんか!

プロボックスといえば、トヨタを代表する車種のひとつ。以前で言えばカローラバン/ワゴンみたいな車両。普通に誰もが運転することができる車種です。

確かに観光客は商用車を検索しないでしょう。ちょうど土日の予約希望だったのでビジネスユースの人は少なかったのかも知れません。

日本を代表するトヨタの商用車「プロボックス」
日本を代表するトヨタの商用車「プロボックス」

幸いにも、同乗予定の2名は喫煙者。私だけがちょっとタバコのニオイを我慢すればいいだけのこと。スクータ

ーはキャンセルしました。

「4」ナンバーで「わ」ナンバー。けれど、実用上乗用車と変わりない、と思う
「4」ナンバーで「わ」ナンバー。けれど、実用上乗用車と変わりない、と思う

観光地に似合うかどうか、ホテルに乗り付けても納品口を案内される確率は上がりますが、それでもそこへたどり着けないよりはいいはず。

レンタカーがなくて沖縄旅行をどうしようかと思っている方、「商用車・喫煙車」を試してみて下さい。見事ヒットしたら夏の旅行を楽しんでくださいね。

(クリッカー編集長 小林和久)