■旧車乗りはMTとATのどちらを好むか調査

近年、クルマのトランスミッションは、AT(オートマチックトランスミッション)やCVTが主流で、クラッチペダルのないクルマがほとんどです。

旧車乗りはMTとATのどちらを好むか調査
旧車オーナーには、スポーツカーなど、MT車で自在に操る感覚を味わいたい人が多い。写真は日産・フェアレディ240ZG(初代S30型)の1971年モデル

ところが、かつてのクルマには、MT(マニュアルトランスミッション)仕様も数多く、特に旧車にはアクセル、ブレーキ、クラッチの3ペダルと、シフトレバーを駆使して走るMT車が多い印象があります。

では、実際、旧車乗りの多くはMT車とAT車のどちらに乗る人が多いのでしょうか? 旧車に特化した買取サービス「旧車王」を運営するカレント自動車では、旧車に興味のある147名を対象に、旧車のトランスミッションに関するアンケートを実施。

その結果、現在乗っている旧車の65.1%がMT車で、55.1%が次もMT車に乗りたいと答えたことなどが分かりました。

●AT車に乗っている人も32.2%

今回の調査は、2022年7月14日〜2022年7月24日の期間、インターネットによるアンケート形式で行われたものです。

なお、ここでは、2010年以前のクルマを旧車と定義しています。

アンケートでは、まず、「所有する(していた)旧車のトランスミッション」について質問。結果は、

「MT」 65.1%
「AT」 32.2%
「旧車を所有していない」 2.0%
「そのほか」 0.7%

旧車乗りはMTとATのどちらを好むか調査
所有する(していた)旧車のトランスミッション(出展:カレント自動車)

となりました。

やはり、やはり旧車好きはMTを好む人が多いようですね。この傾向は、最近のクルマはAT仕様が主流なのに対し、たとえばスポーツカーの旧車好きなどでは、MT車に乗りたいという人が多いことが理由なのかもしれません。

ただし、AT車に乗っている人も32.2%と一定数いますから、好きなクルマであれば、MTとATにこだわらない人もいるということなのかもしれません。

●MT車の旧車オーナーは次もMT車を選ぶ傾向

アンケートでは、続いて、「次に乗りたいクルマのトランスミッション」についても聞いています。結果は

「MT」 55.1%
「AT」 24.5%
「特に考えていない」 19.7%
「そのほか」 0.7%

となりました。

旧車乗りはMTとATのどちらを好むか調査
運転を楽しみたい旧車オーナーはMT車を選ぶ傾向。写真は日産・スカイラインGT-R(R32型)の1993年モデル

ちなみに、この結果に対し、調査を行ったカレント自動車では、

「MTを所有している(していた)方は次に乗りたいクルマもMTと答える方が多く、ATを所有している(していた)方は次に乗りたいクルマもATを検討している方が多いという結果でした」

といいます。

また、「特に考えていない」と答えた人も19.7%いることから、前述のように、旧車乗りのすべてが必ずしもトランスミッションでクルマを選ぶわけではないことがうかがえます。

●MT車オーナーは自分で操る感覚を好む

さらにアンケートでは、最初の質問で回答したトランスミッションについて、「選択した理由」についても聞いています。結果は次の通りです。

1位:「自分で操っている感じがするから」 81票
2位:「運転が楽しいから」 75票
3位:「運転が楽だから」 28票
4位:「欲しかった車がそのトランスミッションのみの設定だったから」 24票
5位:「憧れていた車がそのトランスミッションだったから」 20票
※上位5位を抜粋

旧車乗りはMTとATのどちらを好むか調査
特に、スポーツモデルは運転を楽しめるMT仕様も多い。写真は日産・スカイラインGT-R(R32型)の1993年モデル

ちなみに、1位の「自分で操っている感じがするから」や2位の「運転が楽しいから」と回答した人は、ほとんどがMT車の所有者だったそうです。

やはり、MT仕様の旧車はアクセル、ブレーキ、クラッチの3ペダルと、シフトレバーを自在に操ることで、走る楽しさが味わえることが醍醐味なのでしょう。

旧車乗りはMTとATのどちらを好むか調査
旧車でAT仕様の例。写真は1988年型の日産・シーマ(初代Y31型)

また、3位となった「運転が楽だから」と回答した人は、ほとんどがAT車の所有者だったそうです。

このあたりは、どんなモデルに乗っているかや、愛車のどんな味が好きなのかにもよりますが、旧車乗りでもクラッチ操作がないAT車を好む人が一定数いることが分かります。

以上から、旧車乗りにはMT車を指示する人が多い傾向にあることが分かりました。ただし、欲しかったクルマや憧れていたクルマがAT車だった場合には、MT車にこだわらない人も一定数いるようです。

いずれにしろ、旧車の場合はMTとATに関わらず、昨今のクルマのように電子制御などの搭載もあまりなく、その分、自分で操る感覚が楽しめる点も、オーナーたちを惹きつける理由のひとつなのかもしれません。

(文:平塚 直樹 *写真はすべてイメージです)