■軽量コンパクトな新型ドライブユニット「PW-X3」を搭載

ヤマハ発動機は、オフロード向けスポーツ電動アシスト自転車(e-Bike)の「YPJ-MT Pro」の2023年モデルを、全国の「YPJ Pro Shop」で2022年12月下旬に発売すると発表しました。

「YPJ Pro Shop」は「YPJシリーズ」の試乗車・展示車を常設し、納車からアフターサービスまで確かな技術を提供する認定店で、「YPJシリーズ」を安心して購入できます。

ヤマハ発動機 YPJ-MT Pro
ヤマハ発動機のスポーツ電動アシスト自転車「YPJ-MT Pro」が2023年モデルにスイッチ

2023年モデルにスイッチする「YPJ-MT Pro」は、スポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」の最上級モデルです。

「Fun and Exciting unusual experience」をコンセプトに掲げ、乗りこなす楽しみ、マウンテンバイク特化のアシスト性能、ユニークデザインを目標に開発されています。

メインターゲットは、マウンテンバイクの経験やスキルがあり、オフロードでの冒険的なライドを楽しみたいライダーとされています。

最大の特徴は、メインフレームの上下がそれぞれ2本に分かれた構造で、車体剛性と最適な重量バランスを実現する「YAMAHA Dual Twin Frame」。

2023年モデルでは、オフロードでの走りがさらに磨かれ、パワフルでありながら軽量で、よりスムーズなライディングフィールにアップデートされています。

ヤマハ発動機 スポーツ電動アシスト自転車 YPJ-MT Pro
新型ドライブユニット「PW-X3」

具体的には、軽くてコンパクトでありながら、力強いトルクを実現したという新型ドライブユニット「PW-X3」の採用がトピックス。小型化によりグラウンドクリアランスを確保し、オフロードでの走破性向上に寄与。スムーズかつパワフルで、レスポンスの良いアシストフィーリングが得られたそうです。

さらに、コンパクトサイズで、よりライディングに集中できる新設計のスイッチ&メーターの「ディスプレイEX」の採用も見逃せません。

ヤマハ発動機 YPJ-MT Pro
新設計のスイッチ&メーターの「ディスプレイEX」

ハンドリングや視界を干渉しない位置に配置することで、すっきりとしたハンドルまわりを実現。リモートコントロールスイッチは、より扱いやすいコンパクトサイズになったことで、走行中でもスムーズにアシストモードの切り替えができます。

また、メーターもオフロード走行に必要な機能に絞り込むことで、コンパクト化を実現。加えて、バッテリー容量とアシストモードがひと目で分かるカラーLEDインジケーターが採用され、ライディングにより集中することが可能。Bluetoothまたは、ANT+を通してサードパーティ製のサイクルコンピューターとの接続が可能。給電機能のついたUSBポートも用意されています。

ほかにも、剛性がさらに高くなったフロントフォークや、走行状況に応じて最適なギア選択が可能な12速のワイドレシオのドライブトレインなど、ライディング性能を向上させる最適なMTBコンポーネントも備えられています。フロントサスペンションには、アウターケースの剛性がさらに高められた「ROCKSHOX LYRIK SELECT」が採用され、オフロードでの扱いやすいハンドリングに貢献します。

ドライブトレインには、「SHIMANO M8100 XT 12sp」を用意。12速のワイドレシオにより、走行状況に応じた最適なギア選択を可能にし、急斜面での登坂性を向上下としています。 なお、カラーリングは、スポーティイメージを強調する「DUAL BLUE(デュアルブルー)」が採用されています。

●サイズ
「L」:全長1975×全幅790×サドル高840〜1110mm
「M」:全長1925×全幅790×サドル高830〜1090mm
「S」:全長1880×全幅790×サドル高820〜1040mm

●価格:74万8000円

(塚田 勝弘)