■765cc・3気筒エンジンを大幅に改良

イギリスのバイクブランド「トライアンフモーターサイクルズ」は、ミドルクラスのネイキッドスポーツ「ストリートトリプル765」シリーズの2023年モデルを発表しました。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765 Moto2エディション

ストリートトリプルといえば、搭載する765cc・3気筒が世界最高峰2輪レース「MotoGP」の登竜門として名高い「Moto2」クラスの全マシンへ供給されるエンジンのベースとなっていることでも有名。

ストリートトリプル765・シリーズ2023年型では、そうしたMoto2レースエンジン開発から得たノウハウなどをフィードバックすることにより、パーフォーマンスを向上。

最高出力を、ベーシックグレードの「ストリートトリプル765R」で118psから120psに向上、上級グレードの「ストリートトリプル765RS」では、123psからクラス最高の130psにアップデートしてます。

さらに、ストリートトリプル765 RSをベースに、オーリンズ製の前後サスペンションなど、専用装備を施した最高スペックの限定モデル「ストリートトリプル765 Moto2エディション」も登場し、全3グレードで展開されます。

●ミドルクラスのストリートファイター

ストリートトリプル765シリーズは、765cc・3気筒エンジンを搭載するミドルクラスのストリートファイターというジャンルに属するバイクです。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765 Moto2エディションのエンジン

ストリートファイターとは、アグレッシブなカウルレスのネイキッドスタイルに、スーパースポーツ並みの高い動力性能を持たせたモデルのこと。ストリートからツーリング、ワインディングやサーキットまで、幅広いシーンで俊敏な走りが楽しめるモデル群です。

なかでも、ストリートトリプル765シリーズは、搭載する765cc・3気筒エンジンが、前述の通りトライアンフが2019年よりMoto2へ供給している、レース用パワートレインのベースとなっていることでも知られるハイパフォーマンスな仕様です。

2023年モデルでは、そうしたMoto2レースエンジン開発から得たノウハウなどをフィードバックした、数々のアップデートが行われています。

●クラストップ級のパワーとトルクを実現

従来モデルのスタイリングを踏襲しつつも、フロントフェイスなどの変更により、より精悍なスタイルを身にまとうのが2023年モデルのストリートトリプル765シリーズ。主な変更点は、まず、エンジンです。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765RS

排気量などはそのままに、圧縮比を12.65:1から13.25:1へと4.7%向上。新型のピストン、コンロッド、ピストンピン、最適化された新しい燃焼室などの採用で、パワーを増大。スタンダードのRで120ps/1万1500rpm、上級モデルのRSとMoto2エディションでは130ps/1万2000rpmを発揮します。

また、3モデルとも低回転域から中回転域までの太いトルク特性と、7500rpm以上で顕著なトルクアップを発生させる特性により、低中回転域での扱いやすさと高回転域でのパワフルさを実現。なお、最大トルクは9500rpmで80Nm(8.15kgf-m)を発生します。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765R

さらに、ギアボックスを改良し、より素早い加速のために短いギア比を導入。新しいファイナルドライブレシオと合わせて、これまで以上にシャープで生き生きとしたレスポンスを持つことも注目点です。

加えて、新型マフラーは、より迫力ある独特の3気筒サウンドを奏でることで、加速時などにライダーが感じる高揚感もアップしています。

●ライディングポジションも改良

新型のRとRSでは、従来通り、バーハンドルを採用しますが、幅を12mm広くしたことで、より集中的で卓越したライディングポジションを実現します。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
RやRSでは新型ハンドルバーを採用

また、レースにインスパイアされたMoto2エディションでは、セパレートタイプのクリップオンハンドルバーを採用。RやRSよりも80mm低く、50mm前方へ移動したハンドル位置により、さらに戦闘的なライディングポジションになっています。

なお、ストリートトリプル765Rのシート高は826mm、RSは836mm、Moto2エディションは839mmですが、3Dネットテクノロジーで快適性を高めた新しいオプションのローシートを装着すると、全モデルでさらに28mm低くすることが可能。

RSとMoto2エディションでは、必要に応じ、販売店で専用のリヤサスペンションリンケージアダプターを装着すれば、さらに10mmシート高を低くすることも可能です。ローシートと組み合わせた場合のシート高は、RSで798mm、Moto2エディションでは801mmとなり、非常に扱いやすい高さにすることができます。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765Rのリヤセクション

●Moto2エディションは日本で100台限定

最新の電子制御システムの採用も新型のトピックスです。たとえば、最適化されたコーナリングABSや、ライディングスタイルや路面状況に合わせて、介入レベルを4段階で調整できる切り替え式コーナリング・トラクション・コントロールを新装備。

ライディングモードでは、Rがロード、レイン、スポーツ、ライダーの4タイプ、RSとMoto2エディションには、それらにトラックモードを追加した5タイプから選択が可能です。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765RSとMoto2エディションには5インチフルカラーTFTディスプレイを搭載

足まわりでは、Rが前後ショーワ製で、フロントに41mm倒立式ビッグピストンフォーク、リヤにはピギーバックリザーバーモノショックRSUを搭載。

RSでは、ショーワ製41mm倒立式ビッグピストンフォークとオーリンズ製ピギーバックリザーバーRSU。

サーキットに対応するMoto2エディションでは、前後にオーリンズ製を装備し、フロントが43mmの倒立式アジャスタブルフォーク、リヤにはピギーバックリザーバー式RSUを採用しています。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
フロントブレーキはブレンボ製を装備

なお、Moto2エディションには、各部にカーボンファイバー製パーツ、公式Moto2ロゴ、メーターには特別なMoto2起動画面も採用。さらに、シリアル番号入りトップヨーク(トップブリッジ)も装備し、特別仕様であることをアピールします。

ボディカラーは、Rが「Silver Ice」と「Crystal White」の2色で、RSは「Silver Ice」「Carnival Red」「Cosmic Yellow」の3色で展開。Moto2エディションは、「Triumph Racing Yellow」と「Crystal White」の2色が用意されています。

価格(税込)は、ストリートトリプル765Rが119万5000円〜122万1000円、ストリートトリプル765RSは149万5000円〜152万1000円、ストリートトリプル765 Moto2エディションは189万5000円です。

トライアンフがストリートトリプルの2023年モデル発表
ストリートトリプル765 Moto2エディションにはシリアル番号も入る

なお、ストリートトリプル765 Moto2エディションは、各カラーとも世界756台ずつの限定ですが、日本では100台限定になる予定です。

(文:平塚直樹)