■特別限定色「マットディープレイクグリーン」や「晴雨兼用のリヤチャイルドシートレインカバー」など用意

世界で初めて電動アシスト自転車を発売したヤマハ発動機。

1989年の先行開発試作からスタート、1993年11月に、神奈川・静岡・兵庫の3県で「ヤマハ PAS」として限定販売された後、1994年4月に全国で販売が開始されました。

いまでは国内外を問わず、日常使い用から子ども乗せタイプ、通勤や通学用、スポーツタイプのe-Bikeなど幅広いニーズに応えています。

ヤマハ発動機 PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル
「PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル」

ヤマハ発動機は、電動アシスト自転車「PAS(パス)」の発売から30周年を記念し、子ども乗せタイプ「PAS Babby un SP coord.(パス バビー アン スーパー コーデ)」をベースにした限定仕様を2023年2月14日に発売します。

ヤマハ発動機 PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル
30周年記念モデルのエンブレム

ベースの「PAS Babby un SP coord.」は、幼児2人同乗基準に適合した20型の小径子ども乗せ電動アシスト自転車。

子どもの頭部を270度包み込むリヤチャイルドシートを備えながら、オシャレなスタイリングも目を惹きます。この30周年限定モデルは「PAS Babby un SP coord.」2023年モデルをベースに仕上げられています。

ヤマハ発動機 PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル
晴雨兼用リヤチャイルドシートレインカバーを開けた状態

装備は、「晴雨兼用リヤチャイルドシートレインカバー」、子どもが快適に座れる「リヤチャイルドシートクッション」、記念エンブレムなどを用意。

面倒な脱着を省ける「晴雨兼用のリヤチャイルドシートレインカバー」は、今回の特別限定カラー「マットディープレイクグリーン」の車体に合わせたレインカバー。ファスナーレスで、チャイルドシートの着脱が容易に行えます。

また、レインカバーを付けたまま、チャイルドシートの折り畳みも可能。雨天時はレインカバーとして、晴天時はサンシェードや寒い時期の風よけなどとして使用できます。

ヤマハ発動機 PAS Babby un SP coord.30周年限定モデル
夏期、冬期での使い分けが可能

標準装備されるリヤチャイルドシートは「ハグシート」の座面に合わせて特別に設計されています。

クッションはリバーシブルで、夏季は立体3Dメッシュで通気性が高い面を、冬季は起毛生地で保温性の高い面をそれぞれ使い分けることで、1年中快適に使用できます。

「30周年記念エンブレム」として、スペシャルイヤーが記念されたエンブレムがメインフレームに施されています。

●サイズ:全長1785×全幅580×サドル高740〜865mm
●一充電あたりの走行距離:強モード:51km/スマートパワーモード:58km/オートエコモードプラス:75km
●価格:19万3600円
●販売台数:3000台

(塚田勝弘)