■2024年1月より全世界で順次販売を開始

スズキは、イタリア・ミラノで開催された2輪車ショーのEICMA2023(通称:ミラノショー)で、新型2機種を発表。1000ccのクロスオーバーバイク「GSX-S1000GX」と、800ccのフルカウルスポーツの「GSX-8R」が初披露されました。

GSX-S1000GXの走り(写真は欧州仕様車)
GSX-S1000GXの走り(写真は欧州仕様車)

GSX-S1000GXは「GSX-S1000」シリーズ、GSX-8RはGSX-8Sのフルカウル版で、いずれも2024年1月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売を開始するとのこと。

日本にも導入されることが期待できる注目モデルの登場です。


●GSX-S1000GX

GSX-S1000GXは、スポーツツアラーとアドベンチャーモデルを融合させたクロスオーバーバイクというジャンルに属するモデルです。舗装路はもちろん悪路でも高い走破性を見せることで、幅広いフィールドを快適に走ることができるツーリング向けバイクということですね。

GSX-S1000GXのサイドビュー(写真は欧州仕様車)
GSX-S1000GXのサイドビュー(写真は欧州仕様車)

ベースとなっているのは、ネイキッドモデルの「GSX-S1000」や、スポーツツアラーの「GSX-S1000GT」を擁するGSX-S1000シリーズ。

エンジンには、これらモデルと同じ999ccc・水冷4サイクル直列4気筒を搭載し、スポーツライディングに必要な動力性能を継承しつつも、ツーリング性能を向上させる独自の新技術や装備を採用していることが特徴です。

外観は、スポーツバイク並みの性能を体現したアグレッシブなシルエットを採用。それに、アップライトな乗車姿勢を組み合わせることで、ツーリングでの快適性も追求しています。

GSX-S1000GXには電子制御サスペンションも装備(写真は欧州仕様車)
GSX-S1000GXには電子制御サスペンションも装備(写真は欧州仕様車)

大きなトピックは、電子制御サスペンションをスズキの2輪車で初採用していること。「SAES(スズキ・アドバンスド・エレクトロニック・サスペンション)」と呼ばれるシステムを搭載し、速度や路面状況、ブレーキによる車両の姿勢変化に応じて、サスペンションの減衰量やプリロードを自動調整することを可能としています。

また、このSAESにIMUなどのデータを組み合わせることで、路面の凸凹などを検知し、サスペンションの制御量を自動で切り替えるプログラム、「SRAS(スズキロードアダプティブスタビライゼーション)」も搭載。

これにより、未舗装路での振動を抑えたスムーズな乗り心地と、オンロードでのダイナミックなスポーツ走行を両立しています。

GSX-S1000GXのメーター(写真は欧州仕様車)
GSX-S1000GXのメーター(写真は欧州仕様車)

他にも、出力特性、トラクションコントロールのレベル、SAESの減衰設定を統合管理する「SDMS-α」も採用。コーナーで車体が傾いたときにもABSを作動させることができる「モーショントラックブレーキシステム」など、多彩な電子制御機能が満載です。

そして、こうした電脳化により新型GSX-S1000GXは、シチュエーション、路面状況、ライディングの経験やスキルなどに左右されず、高いパフォーマンスを気軽に楽しめるマシンに仕上がっているといいます。


●GSX-8R

一方のGSX-8Rは、ライダーの年齢やスキルを問わず、街中からワインディング、サーキットまで、多様なライディングを楽しめるスポーツバイクとして開発されたといいます。

GSX-8R(写真は欧州仕様車)
GSX-8R(写真は欧州仕様車)

ベースとなったのは、スズキが2023年3月に国内導入したネイキッドモデルの「GSX-8S」です。

このモデルは、新設計の775cc・並列2気筒エンジンを搭載していることが大きな特徴。

クランク軸に対して90度に一次バランサーを2軸配置する、独自の「スズキクロスバランサー」を採用したエンジンは、最高出力80PSものハイパワーを発揮しつつも、2気筒エンジン特有の振動を低減していることが魅力。また、軽量・コンパクト化も両立することで、スリムな車体と軽快で快適な走りに貢献しています。

スズキクロスバランサー(写真は欧州仕様車)
スズキクロスバランサー(写真は欧州仕様車)

そんなエンジンを搭載する新型のGSX-8Rは、スポーティなフルカウルのフォルムと、セパレートハンドルなどの装備により、スポーツライディングに最適なバイクに仕上がっているといいます。

外観デザインには、歴代のスズキ製スポーツバイクのテイストも盛り込んだ他、エンジンやシートレールを露出させることで機能美も演出。どこか懐かしいけれど、新しさもある「ネオレトロ」なテイストも演出しています。

他にも、大型ピストンを備えたサスペンションや、コンパクトなエンジンに合わせて設計したスリムなフレームなども採用。これらにより、日常使いからスポーツ走行、郊外へのツーリングなど、幅広いシーンで走りを楽しめるマシンになっているといいます。

新型GSX-8Rの走り(写真は欧州仕様車)
新型GSX-8Rの走り(写真は欧州仕様車)

これら2モデルの国内への導入時期や価格などはまだ未発表です。

ただし、前述の通り、スズキは「2024年1月より欧州・北米を中心に全世界で順次販売を開始」するとアナウンスしているだけに、日本でも販売される可能性は大だといえます。続報に期待したいですね。

(文:平塚 直樹)