■日本には2024年8月に発売

120年以上の歴史を誇るバイクブランド「ロイヤルエンフィールド」の正規代理店ピーシーアイが、新型ネイキッドモデル「ショットガン650」を2024年8月に国内導入することを発表しました。

ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(ステンシル・ホワイト)
ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(ステンシル・ホワイト)

多様化するカスタムカルチャーとロイヤルエンフィールドのDNAをミックスし、新たな個性を生み出したというのがこのモデルです。

648cc・空冷並列2気筒エンジンを搭載するクルーザーモデル「スーパーメテオ650」をベースに、シートやステップ位置、サスペンション、前後ホイールなどを変更。

ネオレトロなアメリカンバイクのスタイルを、スポーティなネイキッドマシンへ変貌させたという、いわばメーカーが手掛けたファクトリーカスタムバイク的モデルの登場です。

●ミッドコントロール化でスポーティなポジションに変更

ショットガン650は、2021年にイタリアで開催されたバイクショー「EICMA2021」に公開されたコンセプトモデル「SG650 CONCEPT」を進化させた市販バージョンと言えるバイクです。

ベース車両はスーパーメティオ650
ベース車両はスーパーメティオ650

エンジンやフレームなどはスーパーメテオ650がベース。

かつてロイヤルエンフィールドが、1950年代半ばにアメリカで販売した「レディッチ・スーパーメテオ(Redditch Super Meteor)」など、往年の名車を彷彿とさせるネオレトロなクルーザーモデルです。

それをベースに、クラシカルな雰囲気と、現代的なテイストを融合させたネイキッドバイクにカスタマイズしたのが、新型ショットガン650です。

搭載する648cc・空冷並列2気筒エンジンは、最高出力34.6kW(47PS)・最大トルク52.3Nm(5.33kgf-m)を発揮。低回転域からトルクフルな出力を生むことで、扱いやすい特性を持つことが魅力です。

また、レースなどで高い実績を持つ英国のハリス・パフォーマンス社が開発を担当したフレームは、秀逸な高速安定性や取り回しの良さなどを実現。

ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(グリーン・ドリル)
ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(グリーン・ドリル)

スーパーメテオ650がゆったりとしたポジションとなるフォワードコントロールのステップを採用するのに対し、ショットガン650では後方に位置を移したミッドコントロールを採用し、よりスポーティなポジションを演出。

795mmの低いシート高、自然な位置にセッティングしたハンドルなどと相まって、ライダーへ安心感や高いコントロール性も提供するといいます。

加えてシートは、モジュラー設計により1人乗り、2人乗り、ケース装着などによるツアラー仕様と、3つの仕様を簡単に切り替えることも可能。スポーティでアグレッシブなライディングを求めるライダーにも、ゆったりとしたライディングを楽しみたいライダーにも、その時の気分やライディングスタイルに合わせた設定を可能とします。

ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(プラズマ・ブルー)
ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(プラズマ・ブルー)

一方足まわりでは、フロントサスペンションに減衰力機能とスプリング機能を左右のフォークに分けたショーワ製φ43mmSFF-BPを採用。リヤには、ツインチューブタイプの5段プリロード調整式ショックユニットを装備します。

また、ホイールは、スーパーメテオ650がフロント19インチ、リヤ16インチなのに対し、ショットガン650にはフロント18インチ、リヤ17インチを採用。

前後サスペンションやアライメント、車体姿勢などの変更により、安定した高速走行性能や快適性を維持しつつも、街中やワインディングでも軽快なライディングを楽しめるマシンに仕上がっているといいます。

ほかにも、丸型一灯のLEDヘッドライトには、レトロな雰囲気を醸し出すナセルと呼ばれるカバーも採用。また、スピードメーターの脇には小型のデジタルディスプレイも装備し、矢印で進行方向を知らせるナビゲーションシステム「Tripperナビゲーション・システム」を表示することができます。

ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(シートメタル・グレー)
ロイヤルエンフィールド・ショットガン650(シートメタル・グレー)

車体色には、「ステンシル・ホワイト」「プラズマ・ブルー」「グリーン・ドリル」「シートメタル・グレー」の4カラーを設定。価格などはまだ未発表ですが、ネオレトロでスポーティなネイキッドバイク好きには、ちょっと注目のモデルとなりそうですね。

(文:平塚 直樹)