Appleは9月16日、フィットネスのサブスクリプションサービス「Apple Fitness+」を発表した。「Apple Watch」からのデータを使ってワークアウトの指導が得られるというもの。他のフィットネス配信サービスに似ているが、Apple Watchのみを対象に構築されたサービスは、これが初めて。

 利用するには、「iPad」「iPhone」「Apple TV」のFitness+アプリで任意のワークアウト動画を選択し、再生する。Apple Watchによって心拍数、消費カロリー、ペース、継続時間のデータがFitness+と同期される。このデータはワークアウトを見ている画面にも表示される。

 料金は月額9.99ドル(約1100円)または年額79.99ドル(約8400円)で、米国では2020年内に提供が始まる予定だ。既存のApple Watchユーザーは最初の1カ月が無料、新しいApple Watchを購入すると最初の3カ月が無料となる。

 Apple Watchと連携したワークアウトは数年前から提供されているが、ガイダンスは提供されていなかった。ユーザーは自分でワークアウトの内容を決めるか、ワークアウト動画に従いながら、必要に応じてApple Watchで心拍数やペースを確認しなければならなかった。今回、「世界トップ」レベルのトレーナーによる、さまざまな種類の指導付きワークアウト動画が検索可能になり、自分の運動量をリアルタイムで確認できるようになる。

 Fitness+ではまず、高強度インターバルトレーニング(HIIT)、ヨガ、サイクリング、ダンス、トレッドミルウォーキング、トレッドミルランニング、筋力、体幹、ローイングの指導付きのワークアウト動画のほか、すべてのワークアウトの後に使用できる、意識的にクールダウンするための動画も提供する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。