医療イノベーターのロールモデルになる

早稲田大学で人工心臓の研究に携わり大阪大学医学部に学士編入、数々の心臓手術を経て厚生労働省に入省、医系技官として再生医療をはじめとした法案作成に関わった華々しい業績を持っている宮田俊男先生。そんな宮田先生が取り組もうとしていることとは―?

日本の医療革新を推し進める

―厚生労働省の官僚を5年間務めた後、臨床現場に戻ったり、日本政策機構の理事をなさったりしている宮田先生。現在、取り組もうとしていることはどのようなことですか?

私が取り組もうとしていることは、まさに日本の医療を変革していくことです。2009年から2013年まで厚生労働省の官僚の立場から、日本の医療イノベーションを促進するために、さまざまな法案の改正や立案に関わってきました。しかしながらよく言われることではありますが、やはり厚労省外の縦割りもあり、厚労省の中にいるだけではうまく進められない部分もあり、限界を感じるようになりました。そこで今度はもう一度現場に戻り、逆サイドから政策のイノベーションを推し進めようと考えました。

日本医療政策機構の理事に就いたり、地方自治体や企業の産学連携を進めたりしながら、2016年11月には保健医療2035に記載されているゲートオープナーを目指して、渋谷区にクリニックも開業しました。また、これも保健医療2035に明記されているセルフメディケーションを医師の立場から薬剤師とコラボして適切に普及浸透させるためのアプリ開発をするべく、メディカルコンパスというベンチャー企業も立ち上げました。一言で言うと、現場からのイノベーションを促進するために、新しい仕組みのとっかかりを作っているということです。

―具体的には、どのようなことをなさっているのですか?

今、イノベーションを進めるために注力していると言いましたが、クリニック開業後ではまず、イノベーションの前段階として、現状の医療政策の枠組み内から少しだけ外側で取り組めることを1つずつ実現していっています。現在の医療政策の枠組みの中でできることを行うことで十分かというと、必ずしもそうではないと思っているからです。

具体的には、クリニックの待合スペースを「がんサバイバーシップ室」として開放しています。相談役をご自身もがん遺族である轟浩美さんに依頼し、気軽に相談に来られる場として提供しています。あとは当たり前の事例ではありますが、ケアマネージャーと密な連携を取ること、高齢患者さんのニーズに合わせて、柔軟に往診や訪問診療に対応すること。逆に若い世代のニーズに合わせて時にはコストをできるだけ下げて、女性外来や高山病予防外来などを自由診療として医療を提供したり、セルフメディケーションの啓発につなげていくことなどです。

また、メールやSNSなどで地域住民の方とつながりを持っていて、再診以降は簡単な相談を受けています。これは現在注目されている、遠隔医療の1つの形ですよね。
ちなみにこのクリニックの名称は「みいクリニック」と言います。「みい」はアルファベット表記では“MIH”、つまり“Medical Innovation & Health”の略です。まさにメディカルイノベーションとヘルスケアの向上を促進していくという我々の意気込みを名称に込めました。

―では、ベンチャー企業のメディカルコンパスではどのようなことをなさろうとしているのですか?

市販薬やヘルスケア製品の羅針盤というコンセプトのもと、医師が受けた相談内容から、薬剤師の方々に協力してもらって適切な市販薬などを助言したり、症状や薬に対する理解を深めたりしてもらうサービスを開発しているところです。人々の医療リテラシーを上げていくことで、適切なセルフメディケーションに誘導していくことを目指しています。