多くの人が3万ドル台半ばへの上昇を予想しているが、一部のアナリストは、今回もフェイクアウトの上昇になる可能性があると警告している。ビットコインの33,000ドルへの動きについて、トレーダーの視点を見てみよう。

ビットコインは22,800ドルを超える週足終値が必要
200週MAの上に戻る動きは、暗号通貨アナリストのRekt Capital氏の注目点だ。同氏は次のチャートを投稿し、「数週間で初めて、BTCはサポートとして200週MAを取り戻そうとするまともな努力をしている」とコメントした。

200週MAは、歴史的に底打ちの時期を洞察する信頼できる弱気相場指標として機能してきたため、ここ数週間は非常に注目される指標となっている。

Rekt Capital氏は次のように述べた。

"BTCは、200週MAをサポートとして取り戻すことを確認するために、22800ドル以上の週足終値が必要だ。"

18000ドルへの下落の余地はまだある
7月19日に見られた上昇に対する強気な見方を確認するために必要なことについて、Phoneix ICF氏は次のチャートで、主要なレジスタンスレベルを強調した。

「1日足が23000ドルを超えて閉じるのを待ち、その後ロングを置く。そうでない場合は、すぐに18000ドルを下回るだろう。辛抱強く&感情的な取引は避けよう。」

トレーダーは28,400ドルでの抵抗を予想
テクニカルアナリストのCrypto Patel氏は、21,700ドルと22,800ドルの間に見られる現在の供給ゾーンから急激に方向転換した場合にBTCが取り得る経路をまとめた以下のチャートを投稿した。

「シナリオ1:もし22,900ドルを突破したら、28,400ドルのTP(利食い)でロングの準備をする。シナリオ2:しかし、22,800ドルを保持するために失敗した場合、12000レベルをテストする可能性が高い。"

現在のビットコイン価格に基づいて、上記のチャートは、BTCが32,300ドルの抵抗を試みる前に、28,400ドル付近の抵抗領域への挑戦と、その後の統合または下落を予測している。