ビットコイン、新たな暴落を避けるには21900ドル以上の週足終値マーケット

ビットコイン(BTC)は、7月24日に22,000ドルで強さを見つけ、強気派は緑色の週足終値を固められそうだ。

注目のクラシックレベル
コインテレグラフ・マーケッツ・プロとトレーディングビューのデータでは、BTC/USDは週末の21,900ドルで下落を止め、23,000ドルに向けて上昇している。

BTC/USDは、アナリストが以前から取り戻すことが不可欠と述べていた、主要な長期トレンドラインに焦点を当てた取引レンジを維持している。

50日移動平均線と200週移動平均線は、弱気相場ではサポートとして特に重要だが、5月以降はレジスタンスとして機能していた。

ツイッターの人気トレーディングアカウントCryptoMellany氏は、「13日EMA + 21900ドルを完全に保持したのは強気だ」と主張した。

「週足終値は22500ドル付近で推移するだろう。新しい週は21000-21600ドルまで下げて行動して始まり、残りの週は上昇してブルフラッグを形成する。」

記事執筆時点で50日MAは22,370ドル、200週MAは22,690ドル、スポット価格は22,670ドルとなっている。

続けて、トレーダーでアナリストのJibon氏は、今後の週足の終値を「非常に非常に重要」と表現。添付のチャートでは、21,944ドルと22,401ドルを超えてはならない「悪い」または「良い」一線とした。

今週初め、Jibon氏は、「悪い」結果は、ビットコインの新しいマクロ安値へのリトレースメントの始まりとなる可能性があると警告していた。一方で強さが続くと、4万ドルまでのリリーフラリーを促進する可能性がある。

仮に現在の水準で引けた場合、BTC/USDは6月中旬以来の高水準を記録することになるという。

イーサリアム、カルダノがアルトコインをリード
アルトコインでは、イーサ(ETH)とカルダノ(ADA)がともに下値を拒否し、週末の目立ったパフォーマンスとなった。

ETH/USDは1,600ドルまで戻り、ADA/USDも同様に週中のピークである0.548ドルに挑戦した。これは6月12日以来最高のパフォーマンスとなった。

トレーダーはイーサリアムの2018年の高値である1,530ドルの重要性に注目している。このレベルは長期のレジスタンスとして、6月に再び機能していた。

値動きが強まる中、一方で、主要取引所からのETHの流出が強まった。オンチェーン分析会社クリプトクオントのデータによると、7月22日、それらのフローは合計187万コインに達した。