ビットコイン(BTC)は8月4日、高値圏で200週移動平均線(MA)をめぐる攻防が繰り広げられ、ベースラインを回復した。

古典的なビットコイン価格トレンドラインの争奪戦が激化
コインテレグラフ・マーケッツ・プロとトレーディングビューのデータでは、BTC/USDが下落し、サポートとして重要な弱気相場トレンドラインを繰り返しテストしていることが示された。

この日のウォール街のオープンでは、これまでの行動を継続する前に2万3000ドルを超えて急騰し、ムードに一時的な変化を与えただけだった。

投資大手のブラックロックが大手取引所のコインベースと提携し、顧客に仮想通貨取引を提供するというニュースでも、雰囲気は変わらなかった。

代わりに、22,800ドルのすぐ上の200週MAを含むおなじみの攻防が繰り広げられている。オンチェーン分析リソースMaterial Indicatorsは、世界最大の取引所バイナンスで活動するクジラの1クラスが、この日、よりリスクオフのムードになったと指摘した。

「パープルクラスのクジラは歴史的にビットコインの値動きに最も影響を及ぼしてきた」と、バイナンスのオーダーブックからのデータのチャートと一緒にツイッターに書いた。

"彼らが他のクラスにダンピングしているのを見るのは興味深い。"

チャートによると、サポートはスポット価格付近では薄く、より実質的な買いの関心は、ブレイクダウンする場合、22,400ドル付近にある。一方、レジスタンスラインは23,400ドルで構築されている。

人気トレーダーCredible Crypto氏は、8月3日の最新予測で、「低いタイムフレームで多くの転換点があるが、この高値のローカルスイープで、ついにダウンサイドターゲットに向ける準備ができたようだ」と付け加えた。

"ハイアーロウと反転を探し、25000ドルに向けた上昇を続けるだろう。"

買いデータから今後のBTC供給ショックが示唆
買い手の関心について、オンチェーンデータはさらに、BTC全体が非流動化していることを示す指標の顕著な増加を示した。

ブロックウェアのリードインサイトアナリストであるウィリアム・クレメンテ氏と統計学者ウィリー・ウー氏によって作られたIlliquid Supply Shock比率(ISSR)を引用し、人気コメンテーターのGame of Trades氏が7月に「大規模なスパイク」を指摘した。

ISSRは、BTCが主に流通から取り出されるときに増加する。その結果、需要が供給を上回ることに基づいて価格が急騰する可能性が高まる。

「ホドラーは2018年以来見たことのない買い漁りに走った」とGame of Trades氏は、オンチェーン分析会社グラスノードのデータを示してコメントした。

一方でグラスノードは、ホドラーが一斉に利益地点よりも損失の中でより多くのBTCを売却しているが、同様に需要が現在増加している傾向があると指摘した。

「これは弱気市場の典型であり、反転はしばしば需要のピックアップに関連している」と、1日あたりの実現利益と損失を示すチャートにコメントした。