ビットコイン価格のサポートは一部のトレーダーにとって心理的なものだ。ビットコインが1週間の間、2万ドル以上を維持したことは、価格サポート、言い換えれば弱気市場における底値であることの新しい証拠となるだろう。複数のビットコインのデータは、2万ドルのサポートレベルを確立することができるかもしれない。

先週、ビットコインは20,961ドルの高値に達した。しかし、21,000ドルを突破することができず、上昇の勢いを持続することはできなかった。突破できなかったことについて、分析プラットフォームのグラスノードは、ビットコインが弱気市場の底打ちをしたかどうかを分析した。

実現価格分布
ビットコインの実現価格は、買い手がBTCを保有するために支払った平均コストをグラフ化したものだ。ビットコインの価格がユーザーの実現価格を下回ると、テクニカル的に未実現損失が発生する。ビットコインUTXOの実現価格分布は、取得価格に分布する供給量の割合を示している。

2019年の弱気市場を見ると、BTCの総供給量の30%が実現価格帯に集中していたことが分かる。2019年4月、価格は実現価格を上回り、新たな強気相場の始まりを告げた。

現在の市場を見て、同じ方法を適用すると、ビットコインの実現価格は17,000ドルから22,000ドルの間に供給量の20%が集中していることがわかる。これは、より多くの再分配を行う必要があることを示唆しているが、この統合は重要であり、弾力的なホルダーベースを強調するものだ。

ブレイクアウトまでの期間は?
ビットコインの評価モデルは、2019年4月のようなブレイクアウトまでの期間を示している可能性がある。過去のデータに基づいて、以前のサイクルでは、実現価格帯が5.5カ月から10カ月続くことが示されている。現在のサイクルでは、ビットコインは3か月のレンジ内にとどまっており、次のブレイクアウトは、さらに数か月間の横ばい取引の後にのみ起こる可能性がある。

長期保有者はまだ利益が出ている
長期保有者と短期保有者という観点で実現価格分布を活用することで、洞察を得ることもできる。現在、長期保有者は利益が出ている供給量の大半を占めており、売り圧力が少なく、売ったとしても利益が出ていることを意味する。利益が出ている供給量の総量は56%であるのに対し、長期保有者は60%だ。

過去の相場サイクルは現在のサイクルよりも長かったが、再びブレイクアウトする兆しはある。また、長期保有者が圧倒的に多いため、今後売りが出た場合でも売り圧力は最小限に抑えられる可能性がある。