ビットコイン(BTC)は11月10日に5%上昇し、世界経済の見通しとFTXが部分的に出金を始めたというニュースに対して自信が戻ってきている。

仮想通貨と株式市場は、インフレ率が前月比0.4%、前年比7.7%と、予想の前月比0.6%、7.9%増を下回る結果に反応した。このニュースにより、ナスダックは6%上昇し、1日の上昇幅としては2020年以降で最大のペースとなった。

FTXの債務超過の可能性によるボラティリティの後、ビットコイン価格は出金開始のポジティブなニュースと株式のポジティブな動きに反応し、数分で1000ドル上昇した。

ただFTXの状況によってはボラティリティが上昇する可能性があり、一部のアナリストは、市場の底はまだきていないと考えている。

2022年が2018年の弱気市場をコピーすると予想しているため、第4四半期の残りの予想図は泥沼のままだ。同時に、この弱気トレンドが2023年の開始までになくなるという希望もある。

分散型金融(DeFi)エコシステムのTVLの32.4%を失った後でも11月9日から20%上昇しているソラナ(SOL)など、仮想通貨市場全体はポジティブに推移している。

現在の環境で仮想通貨市場の強さに影響を与える3つの主要因を検証してみよう。

FRBが利上げの方針を転換する可能性
コインテレグラフが先月、仮想通貨市場に新たな損失が発生した理由を報道した際、最も懸念されたのは米国連邦準備制度だ。

リスク資産にとって最悪のシナリオである、米ドル高と当面の金利急騰に懸念が集中した。

一方で、FRBが手詰まりになり、利上げの見通しを巡る噂が広がっている。11月の75ベーシスポイントの利上げ後、政策がUターンし始め、その後の数ヶ月の利上げ幅が小さくなり、2023年に完全に反転するのではないかとの予想が出ている。

そのため、FRBがタカ派的な姿勢を弱める準備をしているというシグナルがあれば、1年間の量的引き締め(QT)で疲弊した市場がそれをとらえることになる。

CMEグループのFedWatch Toolによると、12月の連邦公開市場委員会(FOMC)は現在、75bpではなく50bpの引き上げになると予想されている。

11月4日に発表された失業率データは、強気派の自信に火をつけた。予想を上回ったことで、利上げが望ましい効果を上げていること、そして、その結果、遅かれ早かれ利上げが縮小する可能性があることを示唆している。

ビットコインのボラティリティが記録的な低水準を更新
コインテレグラフ・マーケッツ・プロとトレーディングビューのデータを分析すると、BTC/USDが1万6000ドル以下の年初来安値を記録した後、あまりにも長い間、相場が静かだったことが明らかになった。

これは特にボリンジャーバンドのボラティリティ指標に現れており、ビットコインの歴史上、これほど接近したことはなく、数週間にわたってブレイクアウトを要求している状態だ。

先月、ビットコインのボラティリティは一部の主要法定通貨を下回ることさえあり、BTCはリスク資産というよりもステーブルコインのように振る舞った。

アナリストは長い間、トレンドが激しく変化することを期待していたが、いつも通り、仮想通貨市場は期待を裏切らなかった。

ビットコインのヒストリカルボラティリティインデックス(BVOL)を見ると、最近、数年来の安値になったのは僅かの時間で、ビットコインがこの特性を捨てるにはまだ道のりがあることを示している。

暗号調査会社リフレキシビティ・リサーチの共同創設者であるウィリアム・クレメンテ氏は、「ボラティリティが非常に圧縮され、私たちは市場参加者として、わずかな3%の動きが15〜20%の動きのように感じられるようになったことはかなりおかしい」とコメントした。

ドルは新たな章を見据える
2022年を通して、米ドルが急激な上昇トレンドとなった後に、現在、弱さの兆候を見せ始めたばかりだ。

ドルインデックス(DXY)は最近2002年以来の高水準を記録しており、リスク資産や主要通貨を犠牲にして、さらに上昇する勢いが戻ってくるかもしれない。

しかし、その一方で、DXYは圧力を受けて下落しているが、ビットコインとアルトコインは復調している。

このことは、ビットコインの強気派が揺さぶりをかけている問題、つまり伝統的な市場との強い相関関係が続いており、ドルとは逆相関であることを示している。

取引会社バーチャートは10月「ビットコインは現在、ゴールドとの相関関係が8月中旬の0から約0.50に上昇している」と明らかにした。

"SPX(0.69)、QQQ(0.72)と相関は高いものの、最近は相関が低下している。"

仮想通貨マネージャーであるカプリオール創設者チャールズ・エドワーズ氏は、ビットコイン価格の底値がしばしば金の相関性の上昇を伴うと指摘した。
 
全体的に、仮想通貨市場はまだ不安定な日が続くかもしれないが、FTXが出金を再開するというポジティブなニュースは、良い上昇を提供している。