〈中川政七商店〉と〈中村銅器製作所〉、安野モヨコさんの漫画『オチビサン』がコラボして、とってもかわいい卵焼き器をつくってしまいました。

オチビサンの卵焼き器 8,200円(税込・送料無料)

なんとフライパンの側面に、オチビサンのシルエットが刻印されています。さらに柄の部分にはオチビサンの“家紋”も。これはかわいいですね!

かわいいだけではありません。こちらの卵焼き器、上手に使いこなせばふわふわの卵焼きが焼ける優れものなんです。じつは、築地の寿司職人さんたちもこの卵焼き器を使っているのだとか。

卵焼き器を手がけたのは、こちらのお三方。東京都足立区に4代続く老舗〈中村銅器製作所〉の職人さんたちです。

右から、3代目の中村恵一さん、次男の公嘉(まさよし)さん、長男の大輔さん。

なぜ銅製なのかというと、純度の高い銅板に手作業で錫(すず)を焼きつけた卵焼き器は鉄やステンレスのものと比べ、熱伝導と保温性に優れているのだとか。まんべんなく火が通り、ふんわりとまろやかな味の卵焼きが焼けるのだそうです。

3代目の恵一さんが焼きつける錫は、メッキと違ってそうそう剥がれません。職人さんが自信をもっておすすめする、一生ものの卵焼き器です。

柄は、中村銅器の2代目が築地の寿司職人さんと共同開発したものだそう。少々急に見える角度は、卵を巻きやすい究極の角度。

ていねいに仕上げられた細部から、職人さんの心意気が伝わってきます。こんな道具があったら、愛情を込めて焼きたくなりそうですね。

この卵焼き器は、完全受注生産。受注後に職人さんがていねいにつくってお届けするため、お届けは9月以降になるとのこと。受注受付は2017年7月31日(月)まで。詳細はこちらから。

『オチビサン』は「日本の工芸を元気にする!」をブランドコンセプトとする〈中川政七商店〉とコラボし、「鎌倉彫で作ったオチビサンの花の豆皿」や「こぎん刺しのカバーをかけた、あけび蔓で編んだかご」などを手がけてきました。このたびご紹介した卵焼き器は、同企画の第4弾です。ぜひチェックしてみてくださいね!

information

オチビサンの卵焼き器

価格:8,200円(税込・送料無料)

Web:オチビサンの卵焼き器

writer profile

Yu Miyakoshi

宮越裕生

みやこし・ゆう●神奈川県出身。大学で絵を学んだ後、ギャラリーや事務の仕事をへて2011年よりライターに。アートや旅、食などについて書いています。音楽好きだけど音痴。リリカルに生きるべく精進するまいにちです。