秋田の伝統和菓子が、お江戸醤油で新たな「東京名物」に!

もうすぐ帰省シーズン! というわけでオススメの手土産をご紹介。このたび登場した〈東京おしょうゆみやげ〉、東京生まれの “お江戸醤油” を素材に使った本格派東京みやげです。

〈東京しょうゆもちどらやき〉、〈東京しょうゆバターもち〉、〈東京おしょうゆゆべし〉の3つの和菓子がラインナップ! 2017年12月28日(木)から2018年1月4日(木)の期間限定で、JR品川駅中央改札内で販売されます。

使われているお醤油は、東京で唯一の醤油醸造蔵元である〈近藤醸造〉が製造する国産原料と木樽で仕込んだ手作り無添加の「お江戸醤油」。秋田県の和菓子屋さんとのコラボレーションで、新しい東京名物を作ることが狙いです。

東京しょうゆもちどらやき

ひとつめの東京しょうゆもちどらやきは、1つ260円(税込)。作り手は秋田の老舗菓子屋〈菓子舗榮太楼〉。丁寧に炊いた北海道産大納言小豆の餡と、お江戸醤油の甘さが染みこんだお餅を挟み込みました。生地にもお江戸醤油を使用し、ひとつひとつ職人が手焼きした自慢のどらやきです。

東京しょうゆバターもち

ふたつめは、東京しょうゆバターもち。こちらは4個入り540円(税込)。作り手は秋田市内にて、百年以上続く老舗和菓子屋〈川口屋〉。お江戸醤油の塩味で、バターもちのやさしい甘さとバターの香りを引き出しました。もっちりとしたやわらかな食感としっかりとした味わいが特徴。

東京おしょうゆゆべし

みっつめは、東京おしょうゆゆべし。こちらは1つ200円(税込)。作り手は秋田県横手市の〈蕗月堂〉。お江戸醤油の旨味が程よく染みこんだもっちりゆべしに、ごろごろ入った胡桃がアクセント。胡桃のザクザクとした食感と、ゆべしのお醤油の風味を堪能できます。

今回の企画は、人口減少によりお菓子の市場の縮小が進む秋田県が新しい市場を求めてチャレンジするもの。秋田県の老舗和菓子屋が伝統の中で磨いてきた技術を注ぎ込むことで、日本最大且つ最強が揃う「東京おみやげ市場」に食い込むことができるのか?!

プロジェクトの詳細はWebサイトにて。

information

東京おしょうゆみやげ

東京おしょうゆみやげ 秋田県中小企業団体中央会

株式会社生産者直売のれん会

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。