下田のまち並み独特のデザイン「なまこ壁」って?

下田に移住して1年の津留崎さん。まちの景観を大切にし、昔からあるいいものを保存していくまちづくりの委員を務めることに。そこで気になったのが、下田のまち並みによく見られる「なまこ壁」。いろいろ調べてみると、下田というまちの歴史、昔の人の知恵、災害とまちづくりなど、いろいろなことが見えてきました。

移住して1年、心地いい暮らし

この4月に移住してちょうど1年になりました。

下田では早咲きの河津桜が散ると、ソメイヨシノや山桜が咲き始めます。

縁もゆかりもない、けれどなぜか惹かれて移住してきた下田。暮らし始めてからは恵まれすぎているのでは? というほどに、さまざまな人とのありがたい縁に恵まれ楽しく暮らしています。

娘がこちらの暮らしに馴染めるか心配でしたが、仲の良い友だちもできて、海遊びも大好きになりました。

前回書いたように、念願の米づくりも始めます。少しずつですが理想の暮らしに近づいている気がします。

こちらが借りることになった田んぼです。この地域では土を肥やすため、稲刈りが終わってかられんげの種をまきます。そのれんげの花が咲き、そして桜の花も咲き。なんとも美しい田植え待ちの春の田んぼ。

この土他の住民は、いずれも豊かではなく、ただ生活するだけで精いっぱいで、装飾的なものに目をむける余裕がない。それでも、楽しく暮らしており、食べたいだけは食べ、着物にも困っていない。家も清潔で日当たりがよいし、気持もよい。世界のいかなる土地においても、労働者の社会の中で下田におけるよりもよい生活を送っているところは他にあるまい。

『ハリスの日記』より

これは幕末、下田で暮らしたアメリカの初代在日総領事ハリスが書き残したものです。質素でも楽しく、食や着物に困らず、日当たりのよい気持ちのいい家。この文章は最近知ったのですが、まさにこんな暮らしを理想として下田に移住してきました。160年も前にこのまちでそうした暮らしが営まれていたと思うと、感慨深いものがあります。

ハリスが暮らした日本初のアメリカ総領事館、玉泉寺はわが家のすぐ近く。下田には歴史的に重要なさまざまな史跡や寺院などが点在しています。保育園のバス停に吉田松陰像があったのには驚きました。

どんな景観、どんなまちづくりがいいの?

そんな開国のまち下田には、昔から大切にしてきたもの、これから大切にしていきたいものを「下田まち遺産」として認定する制度があります。

この下田まち遺産は、市民や市外の方からの推薦があった事例を市民の代表者が集まる〈景観まちづくり市民会議〉で審議して決めます。これまでに154件が認定。

詳しくは下田市役所Webサイトにて

その景観まちづくり市民会議に、この春から委員のひとりとして参加させていただくことになりました。移住当初、お世話になった方に、下田のまちづくりに外部の意見を入れてほしいと、この委員になることをすすめられたのでした。

どんな「景観」がよいのか? どんな「まちづくり」がよいのか?簡単に答えの出ることではありません。立場によって考え方も大きく変わると思います。でも、せっかくこのような役割をいただいたので、すすめてくれた方の期待に答えるためにもしっかりと活動していきたいです。

下田市建設課と〈景観まちづくり市民会議〉が中心になり発行されている冊子『下田まち遺産手帖』。新たに認定された「下田まち遺産」の紹介、その保存のための活動について記載されています。 バックナンバーはこちら

そのまち遺産に認定された中で、特に重要度の高いものは「下田登録まち遺産」として、維持・保全のため助成制度があります。

下田市が2009年から始めたこの取り組みは全国的にみても先進的なもの。視察に訪れる自治体も多いそうで、このように古いものに価値を見出す制度が評価されるというのはうれしいことです。

この下田登録まち遺産は、現在13物件。見渡すと目立つのが、白と黒、斜め格子という独特のデザイン「なまこ壁」の建物です。

歴史的なまち並みが残る「ペリーロード」に位置する〈旧澤村邸〉(下田登録まち遺産第12号)。一般公開されています。

下田のまち並みの特徴ともいえるなまこ壁。そもそもこのなまこ壁は、なぜ白黒の斜め格子という独特のデザインなのか? そして、なぜ下田に多いのか……?

景観まちづくり市民会議委員となったこともあり、もっと下田のまちについて知らなければといろいろと調べ始めると、なかなか興味深い……。そこで、なまこ壁についてちょっとご紹介したいと思います。

これぞ機能美! 美しく機能的な「なまこ壁」

なまこ壁は本州、四国に広くあり、「蔵」によく使われているつくりです。

明治時代に建てられたなまこ壁の蔵を、カフェにリノベーションした〈くしだ蔵〉。昨秋に開催されたイベント〈竹たのしみまくる下田〉では、幻想的にライトアップされていました。

蔵は中に入れるものを火災、雨水から守る必要があります。そこで火にも水にも強い瓦、そして瓦と瓦の間を埋める目地に、火にも水にも強い漆喰が壁材として使われるようになったそうです。

瓦の黒、漆喰の白。なるほど、白黒の理由がわかりました。

そして、目地の漆喰は瓦が落ちないよう、かまぼこ状に盛り上げたそうです。この形状がなまこ(海鼠)に似ていたのが「なまこ壁」の名前の由来。瓦を斜めに貼るのは、盛り上がった目地に雨水が溜まらないためといわれています。

でも、下田のなまこ壁は蔵だけでなく、家屋にも多く使われています。さらには、ほかのまちでは城郭や上流階級の建物だったなまこ壁が、広く一般的に採用されているのです。

調べてみるとこれには海のまち、そして開国のまち下田ならではのエピソードがありました。

時代は江戸時代末期までさかのぼります。下田が開国の舞台となって一躍脚光を浴びていた1854年、安政の大地震が起き、大津波が下田を襲います。町内の家屋はほとんど流失倒壊し、無事だった家はわずか数戸しかなかったそうです。

そこで津波に負けず残った建物が、なまこ壁の蔵だったそうです。幕府としても開国の舞台として開港した下田が大津波の被害を受けて大慌て。特別に助成金「復興資金貸付」を用意して、津波に強いまちづくりへの復興を促進したそうです。

その助成金があったので、上流階級の蔵だけでなく一般の家屋や公共施設にもなまこ壁が採用されることになり、まち並みの形成につながったともいわれています。

そして、下田は開港から5年間で、国際港としての役割を終えました。つまり、この短い期間に津波があったことで、なまこ壁のまち並みをつくることになったともいえるわけです。

ペリーロードのソウルバー〈土佐屋〉。ソウルミュージック好きが全国から集う有名店でもあります。建物は江戸時代末期に建てられた船宿。価値のある建築は時代が変わってもその時代にあった用途で使い続けられていくという典型かと。建築は使われてなんぼですね。

この連載にもたびたび登場する〈TableTOMATO〉もなまこ壁が印象的な外観。こちらは現オーナーのお義父さまが40年近く前に隣町の蔵から瓦を移築してつくられたそうです。なまこ壁と黒のスチールサッシの組み合わせが40年前のつくりとは思えないカッコよさ。隣の珈琲店〈邪宗門〉もなまこ壁。こちらは築150年ともいわれる建物です。

IT化、グローバル化、物流の発達により、多くの情報やモノはどこでも均一に手にすることができます。そんな時代だからこそ、地域ならではのまち並みや景観、文化をちゃんと理解して遺していくことが、その地域を魅力的にしていくためにますます重要になっていくのではないか?

そんなことを感じる、移住してちょうど1年の今日この頃でした。

ちなみに……

なまこ壁の由来や下田になまこ壁が多い理由は、ここでは語りきれないほどのボリュームのある話です。いろいろと見聞きした範囲での僕の解釈と捉えていただければと思います。また、なまこ壁に関してご教示していただきました下田在住の作家、岡崎大五さん、下田市役所建設課・西川力さん、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

文 津留崎鎮生

text & photograph

Shizuo Tsurusaki

津留崎鎮生

つるさき・しずお●1974年東京生まれ東京育ち。大学で建築を学ぶ。その後、建築家の弟子、自営業でのカフェバー経営、リノベーション業界で数社と職を転々としながらも、地方に住む人々の暮らしに触れるにつれ「移住しなければ!」と思うように。移住先探しの旅を経て2017年4月に伊豆下田に移住。この地で見つけたいくつかの仕事をしつつ、家や庭をいじりながら暮らしてます。Facebook Instagram