2019年1月7日(月)、安政2年(1855年)に建てられた古民家をリノベーションしたホテル〈鎌倉 古今〉がオープン。民泊新法が施行となる2018年6月15日(金)より、公式サイトにて予約受付を開始します! 民泊新法に基づき、180日限定での営業となります。

鎌倉 古今の外観

国内外から多くの観光客が訪れる鎌倉ですが、古都保存法で歴史的風土保存区域に指定されたエリアが多く、宿泊施設が慢性的に不足している状態でした。しかし、民泊新法の施行に伴い、古民家を宿泊施設として利用できるように! 〈鎌倉 古今〉は鎌倉における古民家ホテルの先駆けとして、オープンする施設です。

鎌倉 古今の外観

鎌倉 古今

〈鎌倉 古今〉が位置するのは、鎌倉の中心地から少し離れた場所。自然豊かで静寂さに包まれた古民家で、建物の梁など、建築された江戸時代当時のものをそのまま残しており、163年の歴史を感じます。

Restaurant COCONで提供される料理

Restaurant COCONで提供されるパスタ

Restaurant COCON

また、施設内にはレストラン〈Restaurant COCON〉がオープン。オーガニックレストランの先駆けである「アル・ケッチァーノ」のシェフである奥田政行シェフが監修し、イタリアンベースのオーガニック料理を提供します。

食材には、鎌倉ならではの“鎌倉野菜”も使用。オーガニック料理をはじめ、オーガニックワインやデトックスドリンク、宿泊者には朝食の提供も。天気の良い日には、自然に囲まれた庭で、朝日を浴びながら食事をとることもできます。

〈鎌倉 古今〉の特徴は、約90平方メートルの広い客室と、最先端技術を使ったサービス。客室にはホテル宿泊者が無料で使えるスマートフォンレンタルサービス「handy」を導入し、国内外に関わらず通話ができます。宿泊中は外出時に自由に持ち出すことも可能です。また、客室内には「Amazon Echo」も備え付けられているそう。

宿泊料金は、1泊朝食付きプランが1名48,000円、1泊夕食・朝食付きプランが60,000円(いずれも税別)。ご予約は公式サイトより。

information

鎌倉 古今

住所:鎌倉市二階堂836

宿泊料金:1泊朝食付きプラン 48,000円/1名(税別) 1泊夕食・朝食付きプラン 60,000円/1名(税別)

予約電話番号:050-5213-2512(9:00〜18:00/定休日:火・水曜) ※2018年6月16日より受付開始

Web:公式サイト

writer profile

Akiko Saito

齋藤あきこ

さいとう・あきこ●宮城県出身。図書館司書を志していたが、“これからはインターネットが来る”と神の啓示を受けて上京。青山ブックセンター六本木店書店員などを経て現在フリーランスのライター/エディター。