2018年10月、岡山県津山市に芸術文化の交流拠点〈PORT ART&DESIGN TSUYAMA〉がオープン。なまこ壁や虫籠窓(むしこまど)など古き良き意匠がそのまま残る〈城東町並み保存地区〉と地続きで、現代アートを味わえる空間が生まれました。

岡本常秀さんと中野由紀子さんのガラス展の様子

岡本常秀さんと中野由紀子さんのガラス展の様子。作品の購入も可能。市民ギャラリーとしての貸館利用もOK。

これまでに、現代美術家の太田三郎さんの作品展やガラス作家の岡本常秀さんと中野由紀子さんの二人展を開催。12月にはクリスマス・マーケットを行うなど、地元作家を中心に企画や展覧会が目白押しです。

木造の本館、ラウンジ

木造の本館、ラウンジ。銀行時代から使われていた欅の一枚板カウンター(約8m)は見所のひとつ。

赤レンガ倉庫

歩いて回るだけでも気持ち良い赤レンガ倉庫

こちらは、旧妹尾銀行林田支店として大正9年に建設され、当時では最高級の建築木材「欅」「屋久杉」などがふんだんに用いられている贅沢な建物。

そうした神社仏閣級の豪奢な建築と、大正ロマンを感じさせる赤レンガ倉庫が見事に調和。その佇まいの美しさだけでも一見の価値ありです。

太田三郎さんのトークライブの様子

太田三郎さんのトークライブの様子。ゲストは神奈川県立近代美術館の水沢勉館長。

またこの建物は近隣市民に開かれた場でもあります。近所のコーラスグループが童謡の練習を行ったり、留学生を迎えてのお茶会、珈琲の自家焙煎が学べる教室が開催されるなど地域に愛される場所に。今後は哲学講座も行う予定だそう。アートな場所で日々の暮らしを充実させ、教養が身につけられるのは素敵なことですね。

コーヒースタンドを併設。鑑賞の合間にほっと一息つける。

コーヒースタンドを併設。鑑賞の合間にほっと一息つける。

〈PORT ART&DESIGN TSUYAMA〉の館長を務めるのは、津山市の隣町・鏡野町出身の飯綱洋平さん。20代のとき、芸術の都・パリで5年間暮らしたことで、芸術が生活に寄り添う暮らしを実感したそう。パリのように、なにげない毎日を豊かにする芸術文化施設にしていけたらと、日々試行錯誤されています。

海も港もない、山に囲まれた津山市で〈PORT ART&DESIGN TSUYAMA〉こそが、日常のなかに多様な交流を生み出し、内外の文化を循環させる「港」のような場になっていくのが目に浮かびます。

information

ART&DESIGN TSUYAMA ポート アート&デザイン津山

正式名称:旧妹尾銀行林田支店

オープン時間:10:00〜18:00

住所:岡山県津山市川崎823

TEL:0868-20-1682

定休日:火曜(祝日の場合は翌平日)、祝日の翌平日、12月29日〜1月3日

入場料:無料(イベントや展覧会によっては有料の場合あり)

Web:ART&DESIGN TSUYAMA Facebook

メール:info@port-tsuyama.com

コーヒースタンド(テイクアウト専門):各種ドリンクと焼き菓子を提供

営業時間:10:00〜17:30(17:00 L.O.)

writer profile

Saki Ikuta

生田早紀

いくた・さき●インディペンデントな広告会社『ココホレジャパン』の新米アシスタント。生まれも育ちもド田舎の27歳。やばい芋ねえちゃんとして青春時代を過ごす。その野暮さは現在も健在!さりげなく韻を踏むことが生業です。