まちの文化を発信するお店のストーリー

伊豆下田に移住して2年が経った津留崎さん。移住したのとほぼ同時期にオープンしたお店〈Table TOMATO〉は伊豆の食材を使ったおいしい料理が食べられるだけでなく、さまざまな人が集まる場になっています。そのお店を義父から引き継いだ店主の思いとは。そして、そのTable TOMATOで、新たにイベントもスタートしました。

〈TOMATO CLOSET〉から〈Table TOMATO〉へ

わが家が下田に移住して、この4月でちょうど2年になります。 早いもので3年目になるわけです。「光陰矢の如し」という言葉を実感する日々。一日一日を大切に過ごしていこうとあらためて感じています。

そして、今回はわが家が下田に移住してきたのとほぼ時を同じくして下田にオープンした〈Table TOMATO〉の話です。

〈Table TOMATO〉店内

伊豆は海にも山にも恵まれた食材の宝庫。Table TOMATOはそんな伊豆の食材をさまざまな料理で楽しませてくれます。

ランチメニュー

ランチメニュー「10種の伊豆づくし惣菜」。(撮影:山田真由美)

営業日は月に10日程度、曜日や日にちが決まっているわけでなく毎月SNS(FacebookとInstagram)で営業日が告知されるイレギュラーな営業形態です。

オーナーの山田真由美さんはTable TOMATOを営む一方、本業は編集・ライターという多才な方。神奈川県湘南エリアに拠点を持ち、営業の際には下田の実家に戻りTable TOMATOを切り盛りしています。

〈Table TOMATO〉のメニュー

(撮影:山田真由美)

なぜそんなイレギュラーな営業形態をとっているのか?

〈TOMATO CLOSET〉看板

(写真提供:K Design Oficce 渡辺一夫)

そもそも、この店舗は2017年2月までは真由美さんのご両親が営まれていたセレクトショップ〈TOMATO CLOSET〉でした。

〈TOMATO CLOSET〉だったころの店内

〈TOMATO CLOSET〉だったころの店内。(写真提供:K Design Oficce 渡辺一夫)

TOMATO CLOSETは、〈ZUCCa〉や〈コムデギャルソン〉などをラインナップしている、よくある観光地や地方のブティックとは一線を画す店だったそうです。

山田真由美さんの義父・土屋賀弘(よしひろ)さん

「この通りだけでも東京の青山のようにしたいんだよね」と語っていたというTOMATO CLOSETオーナー、山田真由美さんの義父・土屋賀弘(よしひろ)さん。(写真提供:K Design Oficce 渡辺一夫)

土屋さんと義父という関係になる前、真由美さんの学生時代、TOMATO CLOSETは憧れの店だったそうです。足繁く通い、この店を通じて、服だけでなくジャズやコーヒーの魅力を知ったといいます。

こうしてTOMATO CLOSETは1980年のオープン以来、37年もの長きにわたり下田のまちで文化を発信し続けてきました。「TOMATO CLOSETの役目は終わった」と閉店を決めた土屋さんはおっしゃっていたそうです。

真由美さんは下田のまちの灯りを途絶えさせたくないという思いで、得意の料理を生かしてTable TOMATOとして引き継ぐことを決意したのです。

世代を超え、まちを灯し続ける「場」

そして、2017年のGWにTable TOMATOはオープン。そのオープンの1か月前にわが家は下田に移住してきました。

全面窓から見た〈Table TOMATO〉の店内

僕は、移住してきて土地に馴染めば自分が生かせる仕事が見つかるのではという思いがあり、仕事を決めていませんでした。

その頃、下田に移住したなら……と知人から真由美さんを紹介していただきました。真由美さんは移住してきたばかりで仕事をしていない、そして飲食店経営の経験があった僕に「お店の忙しいときに手伝わない?」と声をかけてくれたのです。

そして、毎年5月中旬に開催される、下田が最もにぎわうイベント「黒船祭り」での営業を手伝わせていただくことになりました。

「黒船祭り」営業のときにお店の外で娘と撮影

その場でさまざまな人と出会いました。移住してきたばかりで下田に人脈のなかった僕にとって、「仕事」以上の価値のある時間でした(いま、取り組んでいる養蜂と建築の仕事も、ともにTable TOMATOを通じてつながったのです)。

高橋養蜂の蜂蜜

いまでも月に何度かは、いちTableTOMATOファンとして足を運んでいます。

メニューが書かれた黒板

黒板にはその日のおすすめメニューがずらり。

正直なところ当初はこう思っていました。「ご両親がやっていた店を引き継いだということだし、物件を所有していて家賃がかかっていないから、月に10日の営業でやっていけるのかな……?」

ところがそれは大きな勘違いだったと真由美さんといろいろと話をするようになって知りました。しっかり家賃がかかっていて、真由美さんが毎月納めているというのです。月10日の営業で家賃を捻出するというのはなかなか厳しいように感じます。

〈Table TOMATO〉の看板

家賃のこともあり、店を引き継ぐか? という選択は人生の中で一番悩み抜いたといいます。でも、そこまでしてもご両親の築き上げてきた「TOMATO」の歴史を途絶えさせたくなかった。そして真由美さんにとっての故郷、下田のまちを灯すあかりを途絶えさせたくなかったといいます。

開店して2年経ったいま、TOMATOのファンは確実に増えています。

ランチ営業の風景

「風待ち港」のように人が集まる場に

そんなTableTOMATOで、この3月から月1回開催される新しいイベントが始まりました。その名も「風待ちテーブル」。

イベントをお知らせする黒板

(撮影:山田真由美)

下田は「風待ち港」の歴史があります。風待ち港とは、悪天候で船を一時的に避難させる港のこと。下田は江戸時代に大阪と江戸という最も海運が発達した航路の重要な風待ち港であったことから栄えたという歴史があります。

そんな下田ですが、昨今は人口減少やシャッター通り化する商店街といった問題が山積み。下田以外にも拠点のある真由美さんだからこそ、その問題をより感じているのかもしれません。

そこで、風待ちをする船のように自然とさまざまな人たちが集まり、まちのこれからについて語り合う……そんな場が必要なのではと「風待ちテーブル」の開催を決めたといいます。

その第1回目が、先日3月18日に開催。ふたりのスペシャルゲストの話もとても興味深く、出会い、語り合う場づくりだけに終わらない点もよかったと感じました。

「風待ちテーブル」の様子

(撮影:山田真由美)

まずは、〈伊豆龍馬会〉の石垣直樹さんによる「風待ち港下田と龍馬」の話がありました。脱藩した坂本龍馬が師匠・勝海舟とともに下田で風待ちして留まっていたとき、同じく土佐藩主・山内容堂一行も風待ちで下田に。その下田での「風待ち」が歴史が動くきっかけになったそうなのです。

実は幕末や維新にあまり興味がない自分ですが、下田で起こった偶然が歴史をつくったことに興奮してしまいました。

〈ホテルジャパン下田〉の料理長、蜂須賀喜八郎シェフ

(撮影:山田真由美)

そして、〈ホテルジャパン下田〉の料理長、蜂須賀喜八郎シェフからは「ローカルファースト」というテーマでお話がありました。地元の食材をどのように工夫して料理しているのか? 画一的にならないための心構えについてなどなど、とても興味深い話でした。

飲食店、宿泊業の方が多く参加されていたので、みなさんの真剣さも相まってすごい熱気でした。

伊豆の食材でおばんざいを堪能

当日は真由美さんのもうひとつの拠点である湘南エリアで「おばんざい横丁」というイベントを主催されている料理家の大久保浩子さん、ご主人の料理人の大久保暢哉さんがイベントのために下田まで駆けつけてくれて、伊豆の食材でおばんざいを。贅沢な夜でした。

イベントを終えて数日後、真由美さんは「風待ちテーブル」についてFacebookにこんな書き込みをしていました。

白浜で民宿をされている方からはこんな感想をいただきました。「みなさんがそれぞれ自分の風を待ちながら、語り合える場。まさに下田っぽいと思いました。」と。「風」をうまくつかめるかどうかは、自分しだい。その風を起こすのも、つかむのも、波にのれるかどうか、波を起こせるかどうか。風待ちテーブルが集まるひとたちにとっての風と波を起こせる場にしていきたいと思います。

第2回は4月22日(月)17時〜

イベントが開催された夜の〈Table TOMATO〉外観

自分の風を待ちながら語り合う場、風待ちテーブル。毎月の楽しみにさせてもらいます。

真由美さんセレクトの本

店の片隅には真由美さんセレクトの本が置かれています。有効活用されていない2階をセレクト書店にする計画もあるとか。真由美さんのアイデアは料理だけには収まらないようです。

ご両親のTOMATO CLOSETから真由美さんのTable TOMATOへ。世代が変わっても「TOMATO」が下田のまちを灯し、そして「場」をつくり「文化」を発信し続けています。

information

Table TOMATO

住所:静岡県下田市1-11-18

Web:https://facebook.com/TableTOMATO/

文 津留崎鎮生

text & photograph

Shizuo Tsurusaki

津留崎鎮生

つるさき・しずお●1974年東京生まれ東京育ち。大学で建築を学ぶ。その後、建築家の弟子、自営業でのカフェバー経営、リノベーション業界で数社と職を転々としながらも、地方に住む人々の暮らしに触れるにつれ「移住しなければ!」と思うように。移住先探しの旅を経て2017年4月に伊豆下田に移住。この地で見つけたいくつかの仕事をしつつ、家や庭をいじりながら暮らしてます。Facebook Instagram