旅の醍醐味はローカル酒場! 全国おすすめ酒場探訪記 埼玉編 愛は叫ばず、そっと出す

都会だけれど都会じゃない。でもやっぱり都会。郷土愛があるかと言われればそう強くもない。でもこの場所は気に入ってる。埼玉県人が語る埼玉は、ちょっと自嘲気味。「お店に旬の魚料理も多いですね!」と聞けば、大将はニコっと笑いながら「海もないのにね!」

上尾丸山公園

JR上尾駅からバスで15分ほどの〈上尾丸山公園〉。自然豊かな上尾市民の憩いの場です。園内には大きな池や滝、水浴び場と水辺の景観が楽しめます。

今回のローカル酒場は埼玉・上尾の〈ただ〉。上尾は大宮からJR高崎線で2駅。さいたま市、都心へのアクセスも良くベッドタウンとして発展してきました。「昔は大きな工場もあり繊維製品のまちでもありました。実はうちも転業。父は学校の制服を手がけていたんです」と大将の齋藤芳男さん。

上尾〈ただ〉の暖簾

変体仮名を使った印象的で力強い暖簾。でもその暖簾をくぐると居心地のいい空間が待っています。

昭和44年、このまま繊維関係を続けても先がないと考えたお父様の決断により開店。「ただ」という店名は、お父様の名前「唯夫(ただお)」から。最初は絞り切ったメニューのコの字型の小さな店。料理といってもお新香、冷奴、焼鳥だけ。それが少しずつ広がって今の店、そして多彩なメニューへ。店がある上尾駅西口側は再開発以降、全国展開のチェーン店が多く、また東口側も酒場通り的なところはなく数軒が点在している程度。酒場というイメージのないまちですが、酒飲み、おいしいもの好きが愛して支えてきた店はここにちゃんとあります。

今回の案内人、風間夏実さんは、埼玉で育ち現在は都内住まい。渋谷で企業広報として働いています。渋谷で広報。行く店はおしゃれなバルや流行りの店というイメージですが……「渋谷でよく行くのは、のんべい横丁ですね(笑)」知人のお店があることがきっかけで踏み込んだ酒場街。ひとりで大人の酒場の暖簾をくぐるのは少し躊躇するけれど、入ってみれば得難い居心地の良さがあることは知っているのです。

今回の案内人、風間夏実さん

「お酒は好きだけど、そんなに強いというわけではないので」と夏実さん。レモンサワーなどを3杯ぐらいが適量。だから最初の1杯からちゃんとおいしいものをいただきます。

「お客さん、店員さんとの距離が近い飲み屋さんが好き」と言う夏実さん。もうひとつ、選びたい酒場は「世話焼きのおばあちゃんがいてくれるような店」。東京・赤羽や埼玉・大宮にもそんな好きな店があって、今回は上尾。埼玉の酒場のおもしろさを一緒に探ってもらいましょう。

では乾杯。もう飲むものは決めています。その名も〈ただでしか飲めない特製チューハイ〉。通称“ただスペシャル”。宝焼酎をベースにした、だれもが頼む人気メニューです。焼酎のハイボールに“秘密の”エキスを加えたチューハイで、レモンとソーダが軽やかな味わいに整えつつも、宝焼酎の風味もしっかり感じる、正真正銘、初めてのチューハイ体験です。

夏実さんはひと口飲んで驚き、そして幸せな笑顔へ。「口あたりがまろっとしていて、余韻が心地いい! そしてなんだかジューシーです」なるほど、炭酸もほどよく、パンチや爽快感というよりもゆったり。抵抗なく体に溶け込んだあと、レモンの爽やかさが上品にとどまり、そしてゆっくり焼酎のコクが溶け合い続いていく。それでもちゃんとキレもあるから、夏実さんはこんな感想。「最初は度数が低く感じるんですけど……危ない気がします(笑)」

大将はそれを聞くと満足そうに「そう。『低いんじゃない?』ってよく言われるんですけど、3杯飲めばわかりますよ、って答えてます」とこちらも笑顔。そして裏話。

「どうやったらほかにないおいしいチューハイができるだろうって、いろいろと試作して味をみました。毎日昼からやって、いつもほろ酔いで店を開けてたんです」こうしていつも変わらぬまろやかな〈ただスペシャル〉の味が完成。そして、夏実さんの目はたまらず料理のメニューへ。「早くいろいろな料理に合わせたいです。私、結構食べますよ(笑)」

メニューは王道酒場モノから洋食系まで多彩。夏実さんは「よく食べますよ」という言葉通り、最初からなかなかのオーダーっぷり! 並んだ料理を見ると、なんとも色合いのバランスがいいおひとり様のカウンター。もともと女性や高齢の方でも足がつけられて居心地がいいようにとカウンターと椅子を低めにしたと言う大将。

女性がひとりでも心地よくおいしい酒と料理を楽しめる店にしたい。そんな大将の想いがこうやって重なっていくのでしょう。

「常連の女性のおひとり様がいらっしゃるんですけど、最初に来られたのは上尾から大宮に引っ越すという直前。もっと前に知っていたら引っ越さなかったのに、なんて言ってくださって。その方、会社は都内なんですけど、いまだにわざわざ大宮越えて来てくれるんです」埼玉を愛しているというよりも、埼玉に好きな店がある。ことさら郷土愛なんてことを持ち出さなくても、愛着はある。

大将が言います。「別に埼玉の郷土料理があるわけでもないしそういう素材を使おうってわけじゃないんです。ただ、ゆるりとしていただければうれしいんですよ」

〈ただスペシャル〉とごぼうのから揚げ

〈ただスペシャル〉は合う料理の幅も広いのです。滋味深さとサクっと軽やかな食感がいい〈ごぼうのから揚げ〉の魅力をさらに広げてくれます。

カウンター越しの大将と談笑中

「お店の人との距離が近いほうが好き」と夏実さん。それはもともとの部分と仕事で得た楽しさと。カウンター越しの大将との話も好奇心いっぱい。

そんななかで、夏実さんが気になったのはぎんなん。「秋と言えばこれ。すごく好きなんですけどとても鮮やかな緑ですよね?」そう、これは旬よりも“はしり”。わずかな期間、鮮やかな緑が楽しめるものを岐阜から取り寄せています。広い埼玉には、自然豊かな環境がすぐそばにある秩父のような地域や、旬の名産品が身近な深谷や狭山のような地域もありますが、大部分は都市部。毎日都内に通う、忙しい人たちも多いのです。その忙しさの中でいつしか旬という感覚も失われてしまいそうに。だから地元に、行くだけで旬や季節の変化がわかる店があるのは貴重なのです。

食感が楽しいぎんなん

しっとりモチモチとした食感が楽しいぎんなん。この弾力は“はしり”のものだからこそ。目にも楽しく食欲がそそられます。

パウチされた定番メニューも充実していますが、白い紙に書かれた日替わりメニューも同じぐらいのボリューム。「毎日仕事をしていて、定番だけじゃつまらないじゃないですか!」それだけですよと笑う大将ですが、やはり、せっかくなら旬を感じてほしいという思いがそこにあります。

夏実さんもどうやらそれを感じていたようで、「目に見えないところかもしれませんけど、それこそコミュニケーション。見習いたいなって思います。私も人と会うのが好きで広報や取材の仕事をしています。結局やりたいって気持ちがあるから仕事って楽しくなるんですよね」

いわし磯辺巻き

いわし磯辺巻きをつまむ夏実さん

夏実さんが思わず「イノベーティブ!」と声をあげた〈いわし磯辺巻き〉。メニュー名からは揚げものをイメージしますが、こちらは酢締めしたいわしを海苔で巻いたもの。爽やかなチューハイから濃いめの日本酒まで合いそう。

チーズがっこ

大将の幅広さがうかがえる肴が〈チーズがっこ〉。空気を含ませやわらかくしたクリームチーズに刻んだいぶりがっこを混ぜ込むことで一体化。さらにフレッシュハーブのディルを加えて食べるとカナッペ風に。洋のおしゃれなつまみまで網羅してしまう懐の深さよ!

郷土料理をことさら出そうとは思わない。でも、ぜひオーダーしてほしい郷土料理が。それが〈焼きびん〉。もともとは残り物のご飯を流水でぬめりを取ってから小麦粉をまぜて、小判型にまとめて焼いたもので、農作業の合間に食べたことが始まりだとか。昔から肥沃な土地と物流の関係もあり米と麦、どちらの文化もある埼玉。中でも上尾近辺はその通り道ということもあり、どちらも生かしたものが生まれたようです。

給食でも出る上尾のソウルフードですが、「子どものころは好きじゃなくてね(苦笑)」と大将。それが今つくってみたらうまいものができたのだと言います。郷土愛というよりも「こんな食文化もあったんだよ」という気持ち。それが極上のつまみになるからおもしろい。

焼きびん

〈焼きびん〉は、上尾市周辺で愛されたソウルフード。しかし新しく移り住む住人にとっては知らないもの。全国の都市部でありがちな話ですが、それを楽しくおいしく教えてくれるのもローカル酒場ならでは。

る齋藤さん

大学時代は洋食店で働いていた経験がある齋藤さん。その経験と発想が和のメニューにも光ります。ビーフシチューやカルパッチョなども自然にメニューに溶け込んでいます。

ローカル酒場で話していると、自然にその地の物語がにじみ出てきます。夏実さんがオーダーした〈おぼろ豆腐〉と〈さつま揚げ〉は、ともにメニューには自家製と記されています。

「以前はどちらも仕入れていたんですよ。特に練り物はちゃんとした業者のものは、ちゃんとうまい。でも大宮の市場から練り物屋さんがなくなってしまって……それも時代なんでしょうがないんだけど、そこからうちでつくっています」

自家製おぼろ豆腐

自家製のおぼろ豆腐。長年のつき合いだった豆腐屋さんが廃業したことにより、苦肉の策から生まれました。手間のかかったなめらかな味わいに感動。

魚も仕入れている大宮の市場(大宮総合食品地方卸売市場)ですが、残念ながらその規模は縮小されています。地元でがんばる酒場にとっては辛い現実でも、そんな物語を聞きながら食べ、飲める瞬間もまたローカル酒場の良さ。おせっかい、コミュニケーション……それも夏実さんが言う酒場の楽しみ。メニューの裏、大将の笑顔の背景もまた、夏実さんが埼玉で飲むことの理由になりそうです。

●きょうのローカル酒場の酒〈宝焼酎 25度 1.8L〉 伝統と信頼の技術から生まれるピュアな味わい

〈宝焼酎 25度 1.8L〉のボトル

発売から100年以上の伝統に培われた信頼の〈寶〉ブランド。原料にサトウキビ糖蜜を使用。何度も繰り返して蒸留。不純物を取り除いてつくられる限りなくピュアな焼酎は、長年、宝酒造が磨き続けてきた技術が、ふんだんに生かされ、ピュアですっきりとした味わいを実現しました。ロックや水割りで飲むときはまろやかに、ミックスベースとしたときは割材の味を生かしながらも、焼酎の味がしっかりと感じられる酒質。これぞ“宝”という焼酎です。

information

ただ

住所:埼玉県上尾市柏座1-12-3

アクセス:JR上尾駅から徒歩3分

TEL:048-771-0851

営業時間:17:00〜23:00

定休日:日曜

writer profile

Daiji Iwase

岩瀬大二

いわせ・だいじ●国内外1,000人以上のインタビューを通して行きついたのは、「すべての人生がロードムーヴィーでロックアルバム」。現在、「お酒の向こう側の物語」「酒のある場での心地よいドラマ作り」「世の中をプロレス視点でおもしろくすること」にさらに深く傾倒中。シャンパーニュ専門WEBマガジン『シュワリスタ・ラウンジ』編集長。シャンパーニュ騎士団認定オフィシエ。「アカデミー・デュ・ヴァン」講師。日本ワイン専門WEBマガジン『vinetree MAGAZINE』企画・執筆

credit

撮影:黒川ひろみ