外来種に気づかされた、自然界の絶妙なバランス

伊豆下田で暮らし、養蜂場で働く津留崎鎮生さん。今年もみかんの花のはちみつが採れたということですが、一方で養蜂場では、「ナンキンハゼ」の繁殖に悩まされたそう。あらためて自然界のバランスや生態系について考えさせられるような出来事だったようです。

ミツバチの楽園づくりを邪魔する厄介者

6月19日、緊急事態宣言解除から少し遅れて、県堺を越える移動の自粛が解除されました。ここ伊豆下田では、観光地らしく県外ナンバーの車がまちにあふれています。日常を少しずつ取り戻しつつあることにうれしくなりました。

新型コロナウイルス感染症を前にして、多くの人間の活動が止まっていた、なんとも不思議な数か月でした。

下田の海

人間の活動が止まることで川や空気がきれいになったという、何とも考えさせられてしまう報告もありました。

人間以外の自然の営みは、変わらずに季節とともにその表情を変えていきます。僕が手伝っている養蜂場〈高橋養蜂〉の作業も、まさに自然の営みとともにあります。

人間社会が止まっていようが、もちろんミツバチたちは活動を止めることはありません。ミツバチの巣の中は、いま人間社会では最も避けるべきといわれている“三密”ですが、元気に野山を飛び回り蜜を集めています。

桜の木

花見も自粛モードだった今年の春でしたが、ミツバチたちはもちろん蜜を集めに飛び回っていました。

そんなミツバチたちが集めた巣の中の蜜が、春から夏にかけて多く溜まり、「採蜜」という作業を経て、今年のはちみつが採れました。

それまでコツコツと積み重ねてきた作業が実を結ぶときでもあります。

巣枠に溜まった蜜

巣枠にたっぷりと溜まった蜜。白い膜の中には熟成が進んだ蜜が入っています(高橋養蜂についてはこちらも)。

採蜜とは、巣に溜まった蜜を採取する作業です。高橋養蜂では年に3回、採蜜をします。

5月、春の終わりに桜と藤の花のはちみつ。6月、みかんの花のはちみつ。8月、カラスザンショウの花などのさまざまな夏の花のはちみつ。

先日、みかんの花のはちみつまで採蜜が終わりました。今年は、天候にも恵まれて、とてもたくさんの蜜が採れています。

瓶詰めされたはちみつ

採れたてのみかんのはちみつを瓶に詰める。まさに自然からの贈り物です。

と、さらっと書くと、はちみつの生産が順風満帆のようですが、前回、養蜂場のことを書いた記事からちょうど1年。考えれば随分と苦労がありました。

そのときに書いたのは、ミツバチが安心して飛び回れる農地をつくろうと、借りた耕作放棄地にヤギを放ち、循環型農園をつくっていきたい! という計画のことです。

でも、その後に想定外の問題が起こり、その対策に手間がかかってしまっていて、その計画はいま、ストップしています。農園にある一種の木「ナンキンハゼ」だけが増えすぎてしまったのです。

ナンキンハゼ

ナンキンハゼの木。

ナンキンハゼの驚くべき繁殖力

僕が高橋養蜂を手伝い始めた2017年頃は特にその木だけが目立って育っているという感じはありませんでした。その翌年、2018年の春には農園をぐるりと囲う獣害対策の柵が完成。鹿に草を食べられてしまう柵の外は草木が育たない。柵の内側は草木が元気。如実にその違いが現れて驚きました。

高橋養蜂の農園

左側が柵の内側。右側が柵の外側。ここまでの違いが出るとは思っていなかったです。増えすぎた鹿被害の深刻さを実感。

でも、あるとき、ふと気づきました。柵の外でも中でもある特徴的な葉をした木が妙に元気なことに。調べてみると、これが「ナンキンハゼ」という木でした。

「あれ、この木、柵の外でもぐんぐん育ってる……? 鹿が嫌いな木なんだな。こういう鹿が嫌いな木がおいしい蜜をたくさん出してくれたらミツバチにとってはいいのになあ……」

当初はそれくらいに軽く考えていました。でも、昨年の春には、そんなに軽く考えられないほど、その木の勢いがすごいことになっていたのです。

ナンキンハゼだけが増えている

柵の外側はこのようにナンキンハゼ以外の草は鹿に食べ尽くされてしまいます。ナンキンハゼだけが元気でどんどん増えていきます。

ナンキンハゼの木

柵の内側では元気な草。でもその草よりひと際すごい勢いでナンキンハゼの木が育っています。

これはどう考えてもおかしいぞ……と、あらためてナンキンハゼのことを調べてみました。

ナンキンハゼは中国原産の落葉樹で、きれいに紅葉し育てるのに手間がかからないということから一時期、街路樹や庭木として多く植えられた木だそうです。

でも、当初は庭木や街路樹として導入されたナンキンハゼが、異常繁殖する事態が発生しているという報告もありました。この地と同じく鹿に悩まされる地域では、鹿が食べない樹種であることからか、余計に異常繁殖が進むようです(鹿といえば、の奈良でも増えすぎて問題となっているようです)。

この農園のナンキンハゼも、きっと近辺で庭木や街路樹として植えられていたものの種が、何かのきっかけでここに行きついて繁殖を始めたのでしょう。この勢いで増えたら農園も、そして、この周辺もナンキンハゼだらけになってしまうかもしれない。そんなぞっとするような想像をしてしまうほどの勢いです。

虫、動物ではヒアリ、アライグマ。植物ではセイタカアワダチソウなど。外来種がたびたび問題になっていますが、こんなに身近にそうした事態が起きるとは……そんな思いでした。

手作業でナンキンハゼを抜いてみる

では、まずは敵を知ろうと、ツルハシとスコップでナンキンハゼを抜いてみました。腰までもないような小さい木なら抜けなくはないのですが、それ以上の大きさになったものはとても歯が立ちません。

そうこうしているうちにもどんどん増えていきます。これは人力ではどうにもならない……と林業を営む友人に相談し、ユンボで引き抜いてもらうことになりました。

ユンボを操作

ユンボ出動! 何事も経験、と操作も少しさせてもらいました。難しい!

生態系の絶妙なバランス

ユンボでナンキンハゼをどんどん引っこ抜いていく。この木から増えていったのか? というようなナンキンハゼの親玉(?)も見つけたので伐根。こうして抜いたのは大小合わせて100本以上はあったかと思います。

伐根したナンキンハゼ

伐根したナンキンハゼの一部。

おそらく、このナンキンハゼの原産地では、この木を食す虫や動物などがいる、競合植物があるといった理由でここまで異常繁殖はせず、ほかの動植物とバランスを保っているはず。

ところが、海を越えてやってきたこの地では、そうした天敵がいないためか「異常繁殖」という事態が起こってしまう。紅葉がきれいだから、栽培に手間がかからないから……といった理由で安易に土地になかった種を入れてしまう怖さを感じるとともに、生態系がいかに絶妙なバランスで成り立っているのか? あらためて感じる出来事となりました。

ただ、こうしてユンボでナンキンハゼを抜いていくにしたがって、それまで手をつけることができなかった農地も自然と整地されています。いつかはここも……と思っていてなかなか手をつけられないエリアがあったのです。ナンキンハゼ退治のおかげで農園の整地が一挙に進みました。

さらにユンボで伐根

ということで、整地が進んでいくと……ここにも蜜源になるレモンを植えられるのではないか? という農地が現れました。

ユンボで整地

せっかくのなので、レモンを植えることを想定してユンボで整地してもらいました。鬱蒼として、草刈もしにくい場所だったのですが、嘘のようにすっきりとなりました。

整地に利用した重機たち

こんな問題が起こり、それがきっかけとなって新たな開拓を始めたので、ヤギを迎え入れるのはもう少しあとにしようということになったのです。

いま、草木がものすごい勢いで伸びる時期。農園周辺を見渡すと、まだナンキンハゼが芽吹いているところがあります。一度は退治したのですが、まだまだ地中に種なり根なりが残っているのでしょう。小さい芽であれば人力で引っこ抜くことができます。芽に気づくと引っこ抜く、すっかりそんな癖がついてきました。

しばらくの間は、ナンキンハゼがまた異常繁殖しないようにしっかり管理していかなければならないようです。

また繁殖してきたナンキンハゼ

気づくと生えてる、本当にすごい繁殖力です。

この出来事を通じて、いわゆる外来種問題、もともとの場所から別の場所に持ってくることがいかにリスクがあるのか? を実感しました。とはいっても、庭木から野菜まで、現代は外来種にあふれています。何でもかんでもリスクがあるわけではなく、持ち込んだ先で繁殖力を持ってしまう場合ということにはなるのでしょう。

この繁殖力について考えると……、もしかしたら新型コロナのような新種のウイルスにもいえることでは? と連想してしまいました。

コロナウイルスは、もともとは人間の立ち入らない場所で人間と関わることのなかった野生動物と共存関係にあったウイルスだったといいます。それが、何らかの理由で、本来いるはずのない人間の暮らしに入り込み、繁殖、もとい感染を拡げてこのような事態を引き起こしてしまいました。

植物もウイルスも、もともと生存していた場所では、絶妙なバランスのもとで成り立っていたわけです。

それを崩すことは簡単。でも、一度崩すともとの世界を取り戻すのは簡単なことではない。

その土地になかった種を持ち込むこと。必要以上に人間の領域を拡げようとすること。それがいかに怖いことなのか? 自然が気づかせてくれることはたくさんありそうです。

養蜂作業

information

高橋養蜂

住所:静岡県下田市箕作787-1

TEL:0558-28-0225

Web:http://takahashihoney.net/

文 津留崎鎮生

text & photograph

Shizuo Tsurusaki

津留崎鎮生

つるさき・しずお●1974年東京生まれ東京育ち。大学で建築を学ぶ。その後、建築家の弟子、自営業でのカフェバー経営、リノベーション業界で数社と職を転々としながらも、地方に住む人々の暮らしに触れるにつれ「移住しなければ!」と思うように。移住先探しの旅を経て2017年4月に伊豆下田に移住。この地で見つけたいくつかの仕事をしつつ、家や庭をいじりながら暮らしてます。Facebook Instagram