佐賀の魅力が10000円に凝縮!

今年の8月にオープンした佐賀のプレミアムなものがお得に手に入る特設ECサイト〈佐賀10000円ショップ〉。

さが県産品流通デザイン公社が、県産品の消費喚起・拡大を目的に「佐賀支え愛応援キャンペーン」の一環として展開するこのプロジェクトは、県知事も「1万円以上の価値がある!」と太鼓判を押す佐賀の名産品が勢揃いしています。

税込み・送料込みの1万円均一で、なかには通常価格より20%以上もお得な商品やここでしか手に入らない限定商品などが産地直送で各ご家庭に届けられます。

サイトオープンから約1か月、好評のラインナップに加え9月に新たに追加された商品をご紹介します。

漁師直送の希少な有明海産天然うなぎなど、ここでしか買えない商品が目白押し。9月は9つのアイテムが新たに追加され、佐賀ならではのラインナップがさらに充実しています。

とくに今回おすすめしたいのが〈タニタ食堂〉とのコラボ商品。タニタ食堂監修による、県が誇る食材とレシピがセットになった魅惑の内容です。

タニタ食堂のレシピでおいしくヘルシーに

〈タニタ食堂レシピ付き 佐賀牛 希少部位トウガラシ1kg〉限定50点。

〈タニタ食堂レシピ付き 佐賀牛 希少部位トウガラシ1kg〉限定50点。

赤身のうま味が強い「トウガラシ」と呼ばれる希少部位がなんと1kgも!タニタ食堂監修の、自家製ローストビーフと「スプラウトにんにくソース」のレシピ付きです。香り高いスプラウトにんにくソースは塩分を抑えながら食材本来のうま味を楽しめる味付けなので、おいしくヘルシーにいただけること間違いなし。

〈タニタ食堂レシピ付き 佐賀牛と金星佐賀豚セット〉限定50点。

〈タニタ食堂レシピ付き 佐賀牛と金星佐賀豚セット〉限定50点。

農林水産大臣賞受賞の田中畜産の〈佐賀牛〉と、脂身がギュッと締まった永渕ファームリンクの〈金星(きんぼし)佐賀豚〉。素材の味が存分に楽しめるオリジナルのしゃぶしゃぶレシピ付きです。しっかり出汁を取ることで、少ない塩分でもおいしく食べられるのだそう。想像しただけで、口の中が夢の空間に……!

健康的な社食メニューを提供するタニタ食堂だからこそ可能な、“贅沢だけどヘルシー”なコラボ商品となっています。

丸の内タニタ食堂

丸の内タニタ食堂

今年はコロナ禍による和牛相場の低迷、飲食業界の落ち込みにより佐賀の畜産農家も大きな打撃を受けているとのこと。

タニタ食堂の代表取締役社長の谷田千里氏は、大学時代を佐賀で過ごしたこともあり、“佐賀愛”と“佐賀を応援したい想い”から今回のコラボが実現したといいます。

生産者や事業者を応援するためにスタートした〈佐賀10000円ショップ〉。高価格帯ながら、人気の商品は即日売り切れ、現在まで200点以上の販売実績となるなど好調な売れ行きなのだとか。

めったに手に入らない地元食材や、ほかにはないコラボ商品が好評の理由のようです。

〈ブラックモンブラン limited edition by D〉

〈ブラックモンブラン limited edition by D〉

なかでも珍しいコラボが、佐賀県出身の人気インスタグラマーDと、佐賀を代表する九州のソウルアイス〈ブラックモンブラン〉の奇跡のコラボレーションアイテム。注文受付はあいにく終了してしまいましたが、地元で愛されるロングセラー商品とファッションのコラボなどおもしろい取り組みも行われています。

今後も毎月、新しい商品が追加されていくとのこと。秋から冬にかけて、さらにさまざまな県産品が旬を迎えるため、佐賀の名産品や魅力あふれる商品を発見していくのが楽しみですね。

また佐賀10000円ショップとタニタ食堂のコラボを記念して、抽選で30名様に「タニタ食堂レシピ付き 塊の佐賀牛1kg」をプレゼントするTwitterフォロー&投稿キャンペーンを実施中!

詳しくはこちらをご覧ください。

information

佐賀10000円ショップ

WEB:https://saga10000yen.shop/

Twitterキャンペーン:https://saga10000yen.shop/campaign

抽選で30名様に「タニタ食堂レシピ付き 塊の佐賀牛1kg」をプレゼントするTwitterフォロー&投稿キャンペーンを実施。

応募期間:2020年9月15日(火)〜9月21日(月)23:59

応募手順:1Twitter で公式アカウント(@sagapin_saga)をフォロー

2「#塊の佐賀牛1kg」をつけてツイート

3 抽選結果をその場でリプライ返信

writer profile

Mayo Hayashi

林 真世

はやし・まよ●福岡県出身。木工デザインや保育職、飲食関係などさまざまな職種を経験し、現在はフリーランスのライターとして活動中。東京から福岡へ帰郷し九州の魅力を発信したいとおもしろい人やモノを探しては、気づくとコーヒーブレイクばかりしている好奇心旺盛な1984年生まれ。実家で暮らす祖母との会話がなによりの栄養源。